「大企業に入れば幸せ」 と思っていたボクを会社不信でうつ病にさせた12の恐ろしい事実

こんにちは。イッサです。

今日はUターン就職(地元に帰って就職する)した僕が
田舎の会社に就職する恐ろしさを書きたいと思います。

結論から言うと、一生会社と住んでいる場所
で働く覚悟があるのならいい
と思います。


だけど、超ハイリスクです。

というのも、転職が非常に難しいし、職も選べないからです。

僕は、大不況時代の中、就職先が全くなく
しかたなく地元就職したという経緯があります。

で、僕の会社は、地元ではNo.1の大企業
と言われていて

「大企業に入れば幸せになれる」

と疑わなかった僕は、仕方なく地元で
就職することを決めました。

今考えると輝かしい社畜人生の始まりでしたし
都会で働いていたら、今の自分はなかったと
思います。

恐ろしい点その1:データが嘘だらけ

「大企業は決算とかしているから
嘘とかないんだろうなぁ」

僕も当初そう思っていました。
しかし、会社員になって5年目のある日
想像もしていないことが起こりました。

「すみません、●●省です。
開けていただけませんか?」

なんと、会社の目の前に
役人がたくさんいたのです。


すると、役人が「すみません、〇〇の件について
教えてください」と聞いて回っていたのです。

その時は
「一体なんだろうなー」なんて
思いながらも遠目で見てました。

そして、その日から数日後・・・


(写真はイメージです)

「大変申し訳ございませんでした。

あー、またどっかの会社がやってる〜
どこの会社だろう?

とTVを見ていると

なんと、自分の会社の社長が
謝罪会見を開いていたのです。

ぶっちゃけ、社長なんて全然会わないので
どんな顔かマジで忘れていました。

え?、うちの会社じゃん!! まじで何やったの?

事情がわからなかった僕は、驚きました。
社内ホームページよりも何より、翌日の新聞報道
で実情がわかったからです。

うちの会社は・・・・なんと国に
嘘の報告をしていたのです。

しかも、何度も間違え、最終的に
「報告書を自分で書く能力がないので
外部の専門家
に指示を仰いでください」
と言われる始末だったのです。

 

恐ろしい点その2:同調圧力がすごい

「大企業だから、都会出身の人とか
多いから、考えも新しいだろう・・」

当時は僕もそう思っていました。

田舎の会社で一番ありがちなのは
古い価値を持った人が多数派ってこと
です。

例えば、結婚や働き方とか。

僕の会社は、30代前半で結婚していない人
は出世できない人がほとんどでした。
理由は上司との反りが合わなかったから
だと思いますが

「結婚しない奴はおかしい」

という考えが当たり前で
独身は変人扱いで、係長以上に
出世できる人は少なかった。

職場内の男女比も偏りがはげしく
女性の管理職は購買部門だけ
で、他はいない&男尊女卑がまかり通っていたりしました。

恐ろしい点その3:仕事環境が古い

「大企業だから、会社に帰って
ハンコ押すことなんてないだろう・・

当時は僕もそう思っていました。
しかし、仕事のパソコンは
古いスペックが5年以上古いもので
画面が小さいため

「また、フリーズしたよ・・」
としょっちゅう固まっていました。

特にITに対する考えは古く
朱印のハンコがどうしてもないと
書類を通さないなんてこともありました。

セキュリティが甘く
社外の人が簡単にオフィスに入ってきたり
インターネットが社内で見れるようになった
のも2年前くらいという有様でした。

恐ろしい点その4:ムダな移動、時間が多い

「大企業だから、無駄なことなんて
どんどんITで合理的にやってるでしょ


当時の僕もそう思っていました。

しかし、入って分かったことは
大企業は、社畜であることを
誠実に求められ続けるということです。

僕が勤めていた会社は東証一部上場企業
ということもあり、給料は地元の中では
トップクラスでした。

でも、競合他社と比べると
圧倒的に低く、下から数えたほうが
いいような企業でした。

朝6時から夜12時まで働くことも
ザラで、長時間労働が
当たり前でした。

通勤時間も長く、片道2時間の工場に
出勤させられ

「4時間タダ働き」

と同じような扱いでした。
さらに言うと、工場の中の駐車場から
事務所までの距離が長く

15分間ぐらい歩く・・・
なんてこともザラでした。

恐ろしい点その5:人がいなさすぎて、仕事が多すぎる

「大企業って、人がいっぱいいるし
仕事も回っているでしょ。

当時の僕もそう思っていました。
しかし、田舎が勤め先になると
新卒採用ですら十分に入ってきません。

経験者も入社することがなく、抜ける一方でした。
慢性的な人員不足が続き、管理職は社員と同じ仕事を
して、補っていました。

このため、管理職の残業が激しすぎたので
1年前まで管理職の勤怠を取るのを諦めていました。

家に帰らず、18時間近く働いて
ホテルから通勤している課長や

ノルマがきつすぎて、社内のビル
の屋上
からダイブして、自殺した
課長も
いました。



*ひもは実際ついていません。

「自分の会社名 自殺 課長」
とググると

「(会社名)(被害者)事件」と
出てくる事件でした。

どれくらい酷かったかというと
労基署が乗り込み、「これは過労が原因ですね」
と決定づけられたにもかかわらず

遺族がいる裁判では

「これは、課長の心の問題だから。」

と言い放ち、なんと

「全面敗訴」

した事件でした。

恐ろしい点その6:地元の評判が悪い

「大企業だから、地元も優遇
しているでしょ・・

しかし、地元民の評判は最悪でした。

地元の議員を社員から選任させ
自分の会社の都合の良いように、補助金をもらったり
条例を緩和していたのです。

警察にスピード違反で社員が捕まっても
お金で解決したり

地元のローカル放送局やラジオに
出資したりして、自社の都合の悪い
報道をさせなかったりと
 
いたるところで行政機関等と組んで
文句を言われないように工作していました。

まー、ゲㇲの極みでした。

あまりに工作が露骨だったので
地元の小学生が新聞の投書に

「どうせ、○○さん(会社の社長)
が決めるんでしょ。

あーあー、つまらないな」

と実名で文句言っていました。

 

恐ろしい点その7:社長「俺だけ稼げればいいや」

「大企業だから、労働組合もあるし
給料や待遇もよくなっていくでしょ」

当時の僕もそう思っていました。
しかし、実際は、労働組合は
単なる仲良しサークル的な組織でした。

社長の命令になんでも
従うのが従業員。
俺の指示に従え。

大事なのは身内だけ。
営業経験とか全くない人間が
社長になっていました。

従業員に利益が還元されない
ワンマン同族企業だったのです。
先程の投書の小学生からは

社員は超貧乏。」

とTVで言われる始末でした。

社長一家には給料が高く、才能があろうが
なかろうが、自動的に社長や会長になっていた。

社長一家は
特注の黒塗り高級車で
億単位の年収がもらえて

他の部下は役員クラスでも
どんだけ頑張ろうが・・
乗っている車は100万以下
の軽自動車ばかり・・

とひどい格差社会でした。

 

恐ろしい点その8:定額働かせホーダイ

「大企業だから、休日も多いし
有休もしっかりとれるでしょ・・」

当時の僕もそう思っていました。
しかし、休日が多くても、仕事が
多く、ノルマがたくさんあると
ほとんど休めないのです。

そもそもサラリーマンは、サービス業で
会社にサービスするのが本来の仕事。

簡単に言ってしまうと
時間を提供してお金をもらう仕事だった。

なので、自分で好きな仕事を選ぶ権利もないし
時間もコントロールできない。

働く時間も一応法律で決まっている
ので会社から見て、サラリーマンは
定額使いたい放題のパケット通信サービスと
同じような扱い状態。

定額働かせホーダイの状態。

さらに言うと、仕事の内容は

書類を作って上司にハンコをもらう
ルーチンワークの繰り返しなので

大卒、院卒関係なく入社して3年位で
人間関係さえうまくいっていれば
大体できてしまうようになっていた。

恐ろしい点その9:専門性が生かせない

「大企業だから、専門性を活かした
部署に配属されるだろう・・」

当時の僕もそう思っていました。
しかし、実態は一切違います。

人事部が勝手に決めます。
本人の適性なんかより
部署に決められた人数を配属する
ことしか考えていません。

「自分が辞めたら、他人に迷惑が
かかるから
会社を辞められないわ・・・」

と入社2年目位は思っていたけど
辞めても人は補充されるので
問題なんて全然ありません。

自分がいなくなっても
大学時代に学んだ専門性や
能力
関係なしに
会社はなんとかなるように
出来ている。

僕は8年間仕事をしていたが
自分の要望の部署についたことは
一度もなかった。

大学院卒に見合うような専門的な
仕事もさせてもらえなかった。

「院卒とは何だったのか?
この会社に就職して
無駄にしてしまった・・」

成長も2年経ったら、頭打ちしていた。

実際、会社では
3年ごとに部署が変わることが多く
別部署に異動していた。

恐ろしい点その10:給料が超安い

「大企業だから、福利厚生も
しっかりしているでしょ」

当時の僕もそう思っていました。
しかし、実態は一切違います。

会社の場合、月収10万円上がるの
なんて相当まれだ。

何十年も働いて出世し続けなければ
ならない。

入社して現実を知った僕は
収入をあげること
が無謀なことだとわかった

給料明細を見て、ひどいと感じたのが、交通費である。

「ガソリン代支給は直線距離で測って
って・・赤字じゃん

そう、僕の会社は、ガソリン代の請求を
直線距離で計算し、しかも燃費も実燃費では
なく、理想燃費で計算した額を提出させて
いたのだ。

「交通費も全額くれないなんて・・・

 

恐ろしい点その11:周りに転職先、娯楽がない

「大企業だから、転職しやすいし
Amazonがあるから田舎でもいいや」

当時の僕もそう思っていました。
しかし、実態は一切違います。

で、僕の場合、条件の良い転職先はなかった。

純粋に働く場所が少ないし、娯楽も少ない。
下記の記事で、任天堂3DSを買ったときのことを
書いたけど

鬱でつまらない人生を送っていたボクにFF7は大切なことを思い出させてくれた(前編)

実は、旧型機を購入するのに
10時間かかっていたのだ


コロナの時期とは言え、任天堂switchではなく
旧型機の3DS(2DS)は都会だったら
ヨドバシカメラですぐに買える代物だ。

だけど、田舎の場合、ヤマダ電機やエディオン
位しかなく、買うことができなかった。

ヨドバシが近くにあればなぁ・・


・・・旧型機とはいえ、新品をすぐに買えない

田舎は、娯楽だけでなく、好きなものを
買うだけでも、時間と労力をすげーかけないと
いけない。

ゲーム機だけでなく、漢方薬、お菓子、飲み物
といった頻度の高いものも同じだ。

確かにAmazonもあるが、都会と比べると
配達は遅く、2日は見積もったほうがいい。

家族もどんどん老いていくし
昔のように年収が増えて、家族を養うほど
お金をもらえるわけでもない。

サラリーマンにとって、転職先がない
のはあまりにリスクが高い。

僕は、そのリスク覚悟で
就職したはずだった。

恐ろしい点その12:人事部がパワハラ放置して
最終的に、うつ病で耳聞こえなくなる

「大企業だから、別の係に異動できるし
中小企業よりましだろ・・」

しかし、実際に僕が入った企業は
パワハラ横行、人事部は放置、国に虚偽報告
のクソみたいな会社だった。

なので、田舎に戻るというのは
そういった企業でサラリーマンを
35年以上続けることと同じだ

田舎のサラリーマンに必要なのは
・転職をあきらめること
・長時間の労働
・ストレスに耐える忍耐力
・パワハラ、セクハラでも訴えない
・上司に対して文句を言わない能力
だ。

田舎でUターン就職するということを
考えている人にとって
家族と共に暮らすことやのんびり暮らす
家賃が安いなどのメリットを感じている
かもしれない。

昔の僕もそうだった。

でも、結局一番やるのは仕事だ

また、田舎でのんびり暮らすとか
いい間違いで、病院
に行くにも、買い物するにも
時間がかかる、不便な場所だ。

スキルをあげたい人は絶対に都会でスキルをあげたほうがいい。
田舎は、スキルだけでなく、人間関係、人生、パワハラによるメンタルヘルスの崩壊
とあらゆる不幸を招いた。

そんな田舎に失望した僕は・・・ネットビジネスを始めたのだった。

最後に:充実した楽しい人生を送るか贈らないかは、あなたと運と環境次第! そんな田舎の大企業に合わなかった僕は今・・・

もし、Uターン就職を考えているのなら
田舎に憧れているかもしれない。
けれど、現実はしっかり知っておくべきだ。

あらゆる面で都会がはるかに便利なのだ。
田舎でも都会でも関係ないが
サラリーマンは、結局自由がないし、時間が少ない。

少ない時間を、車の移動や不便な生活で
使うなんてもったいなくないだろうか?

僕の場合は、それだけでなく、パワハラ受けた後
の・・自殺したいとか病んだ生活で
と2、3年も悩んで無駄にしてしまった。

「転職ではどうにもならないし
同じ仕事を2度としたくない・・
どうすればいいんだ・・・」

そんな時、どうしようもなかったので
僕はブログで発信を始めた。

そして、メルマガ読者がつき、やがてどんどん
多くの人と関わるようになった!
そんな僕の人生変わった話の続きはこちらから!

大うつ病の初期だった僕が、逃げまくってから、ビジネス初めて、人生つまらないという悩みが消し飛んた話(後編)

 

_________________________

こんにちは。イッサです。
僕は会社員生活に不安を感じ、ビジネスをはじめました。

ビジネスに関しては、ここでは書いても難しいし
ディープな内容なので、メルマガで詳しく
たくさん、わかりやすく書こうかなと思います。

ビジネスの配信や紹介は別の人でも
やっている人は結構いるので
他の実績豊富な方から初めてもいいと思います。

誰から始めるかより何よりとにかく
行動が大事だと思いますので。

なので、もし、このブログで
行動を起こしていただけたら幸いです。

僕のメルマガには、ビジネス以外にも
不定期に発信する内容もあるので
もし興味のある方はこちらをご覧ください。

 

イッサ 無料公式メルマガ 登録ページ

 

登録は無料でいつでもキャンセルできますし
第三者に提供とかそういったものもありません。

飽きたら、キャンセルするだけでOKです。
自分のビジネスの話だけなので
どうしても、今の仕事を変えたいと思う人
だけ登録すればいいと思います。

興味を持ってくださった方は
是非登録お願いいたします。
解約は自由にできます。

 

公式無料メルマガ
すぐ登録したい方はこちら↓

 

イッサ 無料公式メルマガ *解約は自由です



読んでいただき有り難うございました。

シェアしてね!