【STEP2】: あなただけのホームページにする!超簡単な5つの方法

こんにちは! イッサです。
WordPressでブログを始めるとき
人気のテーマを使うことが多いと思います。

ブログは「書き続けること」が大切なので、
最初は一番効率がいいのですが
とある問題が発生するのです。

ストークを使うとみんな同じに見える?

「なんかみんな同じようなブログに見える……」

ということになるでしょう。

今回は、このブログで使っている人気WordPressテーマ
「ストーク」を例に、簡単にブログに
オリジナリティを出す方法をまとめてみました。

「ストーク」は「ハミングバード」
「アルバトロス」とほぼ同じテーマ
なので、これらを使っている方にも使えます。

WordPressの有料テーマ
「ストーク」

「ストーク」の販売ページ

わたしも使っているから
最高のWordPressテーマなんですけど
気になることがあります。

それが……

みんな使ってるから同じに見える!!

……の問題ですね。

これ、テーマを使っていれば
仕方がないと思っていませんか?

いえいえ! 全然そんなことないです!
ちょっといじるだけでオリジナリティが出ます!!

ということで
どこを直したらオリジナリティーが出るのか

を紹介します!

①テーマカラーを変更する

「ストーク」は、すばらしく良いテーマ
なのですが、こんな初期状態のままの方が
多いんですよ。

これ、ちゃんと個性を出せるように
制作者が、いろいろと
簡単に手直しできるように
してくれているんですよねー。

まずは、テーマカラーの変更の仕方から。
色を変えるだけで、だいぶ印象は変わりますので。

①「外観」の「カスタマイズ」

サイドメニューの
「外見」の中にある「カスタマイズ」をクリック。


[ 外観 ] → [ カスタマイズ ]

②ブログ内のパーツの色を変更

ブログ内のパーツの色を変更できます。

ヘッダー背景の色
パレットで選べるようになっていますよ。

パレットで色を選ぶ

ココでポイントがあります。

原色を使うのは避けましょう!

②原色は避けましょう!

原色は、「青」「赤」「黄色」「ピンク」
といっためっちゃ濃い色です。

白とか黒とか、いっさいの混じりっけのないやつ!

原色をセンスよく使うのは難しいので、安易に使わない方がいいです。

あなたのソレ、ダサダサです!

この辺りは必ず変更しよう!

というわけで、色を変更した方がいいところを紹介します。

まずはヘッダーの色。


ヘッダー背景の色

ブログの顔の部分ですね。ここの色を変更しましょう。

「サイトカラーのバランスとか意味わからん!」という方は
「記事ページ見出し(H2)背景」もヘッダーと同じ色
にそろえましょう。それが無難です。

記事ページ見出し(H2)背景・記事ページ見出し(H2)文字色

この「見出し」の色が濃い目の色のときは、文字
(記事ページ見出し(H2)文字色)は
白のような薄い色にしましょう。

逆に背景が薄い色のときは
文字色は濃い目にします。

そして、リンクテキストの色。


「リンク」の色を変更

これを変えるだけで、「変わった感」が違いますよー。

そして、「ラベル」の色。
「ラベル」というのはこちらです。


「ラベル背景」「ラベルテキスト」を変更

カテゴリ名が出る場所すべてですね。
これもアクセントになるので色を変えるといいですね!

もう一度言いますが、素人がデザインする場合は
原色は絶対に避けましょう!

③ロゴを変更する

 


そして、やっぱりロゴ画像です。

このブログなら、こんな画像が
全ページの上の部分にありますが……。

これがあるだけで、一気に
オリジナリティーがアップしますね!!

ということで、設定のやり方です。

1「外観」の「カスタマイズ」

サイドメニューの「外見」の
中にある「カスタマイズ」をクリック。


[ 外観 ] → [ カスタマイズ ]

2「サイトロゴ・アイコン」を選択

カスタマイズのページになるので
「サイトロゴ・アイコン」を選択しましょう。


「サイトロゴ・アイコン」を選択

3ロゴ画像をアップロード

「ロゴ画像をアップロード」と
いう項目が一番上に出てきますので
そこの画像を選択をクリックします。


ロゴ画像をアップロード

あとは画像を選択するだけ!

④ファビコンを変更する

ファビコンは
ネットを見るときの「タブ」など
に出てくる小さいアイコン。

ここもちゃんと
オリジナルにしてほしいですね!

では変更の仕方を見てみましょう。
超簡単です。

1「外観」の「カスタマイズ」

サイドメニューの「外見」の中にある
「カスタマイズ」をクリック。

[ 外観 ] → [ カスタマイズ ]

2「サイト基本情報」をクリック

左のサイドメニューにある
「サイトの基本情報」をクリック。


「サイト基本情報」をクリック

3「サイトアイコン」の欄で「画像を選択」

「サイトの基本情報」
というページになります。


左サイドメニューの一番下に
「サイトアイコン」という欄があります。

ここで設定できるんです!

「サイトアイコン」の欄で
画像を選択をクリック

画像を選択をクリックしてくださいね。

4画像を選んでアップロード

あとは、画像を選択して
アップロードするだけです!

画像の大きさは
「512ピクセル × 512ピクセル」以上の正方形」
「png」で保存。


ロゴ画像の1文字を切り取って
正方形にしてもいいですね。

⑤メニューにプロフィール
の欄を入れる方法

こちらが完成のイメージです。

サイドメニューに自分の
プロフィール画像+文章の欄ができた

1プロフィール画像をアップロード


最初にプロフィールに
載せたい画像を用意しましょう。

画像は横は336ピクセルにし
サイドメニューの横幅にぴったり合いますよ。

サイドメニューの「メディア」から
「新規追加」を選択して……


[ メディア ] → [ 新規追加 ]

ページが切り替わるので
「メディアライブラリ」
の文字の横にある新規追加
をクリックします。

あとは用意した画像を
選択したらオッケー。。

2「ウィジェット」を選択

今度はプロフィール画像や
文章を入力する場所にいきます。

サイドメニュー「外観」から
「ウィジェット」を選択して下さい。

[ サイドメニュー「外観」 ] → [ ウィジェット ]

3「PC: メインサイドバー」をクリック

ウィジェットをいじる画面に
なるので「PC: メインサイドバー」
をクリック。


「PC: メインサイドバー」をクリック

クリックすると、この項目の欄が広がります。

ウィジェットというのは
サイドバーを「項目」ごとに簡単に
作れる機能のこと。

5「カスタム HTML」を
「PC: メインサイドバー」にドロップ

「ウィジェット」の画面の左の方に
「テキスト」という項目があるので
つかんで「PC: メインサイドバー」の中に
ペッと持ってきましょう。


「カスタム HTML」を
「PC: メインサイドバー」にドロップ

ドラッグ & ドロップですね。

6写真と画像を入れる

あとは写真と文章を入れて
保存を押すだけ。

この画像のように情報を入力

具体的にはこちらのようにしてください。

<img src=”※ ここにさっき「メディアライブラリ」でコピーした「プロフィール画像のURLを貼り付けてください ※” alt=”プロフィール画像”>
<p>※ ここにあなたのプロフィール用の文章を入力してください ※ </p>

「タイトル」には「プロフィール」とか
「このブログを書いている人」とか
そういうのを入れるといいですね!

これをページの方で見ると……

サイドメニューに
自分のプロフィール画像+文章の欄ができた

こうなるんですね!

いいですねー。プロフィール画像は
写真でもイラストでもいいですが
「人間の顔」がオススメです。

さて、今回は、WordPressで
ブログをやっている人で
ブログのオリジナリティーを
出す方法について紹介しました。

簡単なことが多いので
ぜひやってみてください。

本気の本気でブログのアクセスを
増やしたい方下記どうぞ!

 

_________________________

こんにちは。イッサです。
僕は会社員生活に不安を感じ、ビジネスをはじめました。

ビジネスに関しては、ここでは書いても難しいし
ディープな内容なので、メルマガで詳しく
たくさん、わかりやすく書こうかなと思います。

ビジネスの配信や紹介は別の人でも
やっている人は結構いるので
他の実績豊富な方から初めてもいいと思います。

誰から始めるかより何よりとにかく
行動が大事だと思いますので。

なので、もし、このブログで
行動を起こしていただけたら幸いです。

僕のメルマガには、ビジネス以外にも
不定期に発信する内容もあるので
もし興味のある方はこちらをご覧ください。

 

https://oinari.work/post_lp/issa/

 

登録は無料でいつでもキャンセルできますし
第三者に提供とかそういったものもありません。

飽きたら、キャンセルするだけでOKです。
自分のビジネスの話だけなので
どうしても、今の仕事を変えたいと思う人
だけ登録すればいいと思います。

興味を持ってくださった方は
是非登録お願いいたします。
解約は自由にできます。

 

公式無料メルマガ
すぐ登録したい方はこちら↓

 

イッサ 無料公式メルマガ *解約は自由です



読んでいただき有り難うございました。

シェアしてね!