【FFビジネス講座】ブランドの略称が超重要だということを、ファイナルファンタジーを例にしてみる


こんにちは。イッサです。

今日は、何度もブログに出てきた
ファイナルファンタジーとういうゲームが
どうして「FF」って呼ばれるのか?
なぜFFと統一したほうがいいのか?

をブランドの観点から
わかりやすく書いていきたい思います。

ちなみに、このブログを読んだ友達は
「今までファイファンって呼んでいたけど
今後エフエフって呼んだほうがいいかも」
と共感してくれました。

*スクエアは現在合併してスクエアエニックス
ですが、元々、スクエアの代表作なので
スクエアと呼んでいます。

そもそもブランドって何?

以前も紹介しましたが、サクレ
を例に説明したいと思います。

そもそもブランドという言葉は
由来があって、家畜の識別のために
「焼印を押す(brand)」
ことからきているそうです。

つまり、誰でも
「あ、サクレじゃん!」
と分かるように差別化するために作った
ものがブランドなのです。

サクレもフタバ食品という会社が作った
かき氷(レモン味)ですが

「いやー、これは皆さんが
から食べているサクレですよ」

と、ほかのメーカーが作っているかき氷と
違いがスグにわかるようにしているのです。

ちなみに、サクレは、文字数が短いので
ほとんどの人が「サクレ」と言います。

ちなみに以前、水戸黄門の記事を書きましたが

「おい、ご隠居。人生どん底の俺がボコボコにして副将軍になってやんよ」

水戸黄門も立派なブランドです。

この話には、偽の水戸黄門と名乗って
水戸黄門本人から叱られるという話が
あるのですが

偽物や偽ブランドが登場したら駆逐する
という行動もブランドを守るためには
重要だったりします。

ちなみに、水戸黄門も名称が短いので
ほとんどの人が「水戸黄門」と言います。

では、ファイナルファンタジー
の場合はどうでしょうか?

実は2つの呼ばれ方が存在するのです。

今回は、ファイナルファンタジーを例にして
ファイナルファンタジーがなぜ2つの呼ばれ方を
するのかを説明していきたいと思います。

ファイナルファンタジー誕生のきっかけ

スクエアは、ある日、新しいゲームを
作ろうとしていました。

当時のスクエアは、そんなに儲かっていなく
もう次の定食で失敗したら店をたたもう・・・
その位考えていました。

「最後にすごい空想してしまうぐらい
スゴイゲームを作ろう!!」
と当時のスタッフが考え

Final =最後
Fantasy =空想

というネーミングを思いつき
「ファイナルファンタジー」
と名付け、大ヒットしたのです

・・・・・・・という話も
ありますが、全然違います。

実は、全く逆で

「FF(エフエフ)」という
略称で呼ばれたい・・・

と考えた結果、ファイナルファンタジー
になったのでした。

「これで失敗したら、会社辞めて
大学に復学するわ・・・」

当時のスタッフは失敗前提で
考えていました。しかし・・
メンバーの予想に反して大ヒット。
ファイナルファンタジーは
続編が作られることが決定しました。

「次回作は、FF2と言われるのか・・・」

とスタッフたちは必然的にFFと呼ばれるはず
・・と考えていたのでした。

略称の統一に大失敗したFF。
「ファイファン」派誕生

そんな続編を作っているうちに
スクエアのメンバーが予想もしない
大問題が発生しました。

「大変だ!ゲームファンから
ファイファンって呼ばれている!!」

ゲーム雑誌や世間の声を聴いてメンバーは騒然。
当時ライバルだったエニックスのソフト「ドラゴンクエスト」
が「ドラクエ」と呼ばれていたように「ファイナルファンタジー」
も「ファイファン」と呼ばれていたのです。

「・・・FFがファイファン
って言われている・・・」

思いとは裏腹にファイファンと呼ばれていることに
スタッフ一同は、めちゃめちゃ悔しがっていました。

そんなある日・・・スタッフの一人が

「ファイファンさぁ・・・」
と近所の子供が話をしているの
を見かけたのです。
そこですかさず

「ファイファンじゃない
FFって呼んでくれ!」

と突っ込んでしまったそうです。
当時のスタッフは、FFという言葉に
思い入れがありました。

人が覚えやすいブランド名は
ものすごく大事
です。

しかし、ファイナルファンタジーは
FFという略称の宣伝に失敗し
ファイファンという略称も
しばらく存在することになりました。

「FFでもファイファン
でもファンの好きなように・・」

って感じで、公式イベントでFFとさらりといっても
ファイファンと呼んでいる人は減ることなく
略称の統一に失敗してしまいました。

そう、ファイナルファンタジーは
ファンの共通認識を作ること
に見事に失敗したのです。

ところが「ファイファン」と検索すると・・・

時は20年以上流れ、2020年。
スクエアはFFが公式の略称
であることを宣言。

ファイファン派は、完全に
消えてしまったと思われました。

しかし、今でもファイファン派が多数存在
しています。

そんな状況をスクエアは
当然知っているので「ファイファン」
と検索すると・・

なんとスクエアがファイファンと
検索した人向けに広告を出しているのです!


「まだファイファン派を
見捨てていなかったのかぁ・・・」

と思いましたが、恐ろしいことに
気づいてしまいました。

略称の統一に失敗したツケがデカい

ブランド名称の統一に失敗すると

・商標を別に登録する
・Googleの広告を余分に作る

といった時間とお金のムダになるだけでなく
ファンとの共通認識ができなかったり
ブランド構築が難しくなってしまうのです。

他にも、偽造品に騙されてしまうかもしれません。
「ファイファン」が公式認定の略称だと思う人が

「ファイファンって書いてあるグッズ
買ったよー」

と公式にツイッターとかでお礼を言ったら

「いやー、エフエフが公式の名称なので
これは、偽造品ですね。」

「偽物!!・・」
とファンを悲しませる事態も
起きかねないのです。

*ファイファン派の皆様へ
ショックかもしれませんが
登録商標には、『FF』はありますが
『ファイファン』はないので
公式商品は出ないと思います・・・・・。

しかも、ファイナルファンタジーは、ロングセラーで
10代~90代まで年代で区切れない商品です。
なので、最近ファイナルファンタジーを知った人は
そんな時代背景しらないので

「ねぇ、ファイファンって何?」

とファンの間に溝ができかねません。
名称の統一は、ファンの一体感を
作るうえで重要です。

逆に【FF】を
全てのファンが知っていれば

「FFって検索すればいいんでしょ」

と考えるので迷わず商品を
買うことができるわけです。

スクエアが抱える重大な課題

という感じで、スクエアは未だに
ファイファン派を見捨てていないのでした。

「ファイファンあるじゃん・・・」

と思うかもしれません。しかし
これはスクエアにとって
ものすごくお金のかかることです。

エフエフといったら、ファイナルファンタジー
と誰もが云えるようになるまでブランディング
しておけば、こんな面倒でお金のかかる
自体にはならなかったでしょう。。

FFという略称だけでは、ファイファン派の人に
告知ができなかったりするので
ファイナルファンタジーとわざわざ正式名称を
小さな広告にも入れないといけなくなってしまった
わけです。

なのでFFシリーズでおなじみのチョコボを使ったり
して、FFだとわかる戦略が必要になってしまうのです。

しかし、チョコボは、大きな広告なら
使えますが、Google検索で出てくる
小さな3行広告では、チョコボの
話にしか使えません。

「チョコボじゃなくて
ファイファンやりたいん
だけど・・・」

という人にファイナルファンタジーの広告
であることをわかるようにしないと
いけないのです。

そんなスクエアは、最大の問題を
抱えていました。

FF史上最もお金をかけた
ファイナルファンタジー7のリメイク
に投資しないといけないわけです。

その額、・・・なんと128億
世界最大のゲーム開発額でした。

すぐにリメイクを作れるほど
カンタンなプロジェクトでは
ありません。

もし、略称を統一できれば
広告をかけるムダなコストや労力を削ることが
でき、本業に投資できるわけです。

今やエニックスともくっついているので

ファイファンに広告費出しているせいで
時間とお金の無駄じゃないか!
「クロノトリガー」や「ドラゴンクエスト」
のリメイクできないじゃないか!

と株主総会で苦情が来るかもしれないのです。

時間とお金を大切にするという観点からも
ブランド名の統一は重要になってくるのです。

 

>>【次】ファイナルファンタジーというブランド
で重要な要素は何か?

「ファイナルファンタジー」というブランドは 何が重要な要素なのか?

 

>>ボクが行ったファイナルファンタジーの公式イベントの詳細はこちら

23年間ずーっと我慢してきたモノを今さらながらやりはじめた話

>>そもそもファイナルファンタジーって何?
知りたい方はこちら

誰でもわかるファイナルファンタジー

_________________________

こんにちは。イッサです。
僕は会社員生活に不安を感じ、ビジネスをはじめました。

ビジネスに関しては、ここでは書いても難しいし
ディープな内容なので、メルマガで詳しく
たくさん、わかりやすく書こうかなと思います。

ビジネスの配信や紹介は別の人でも
やっている人は結構いるので
他の実績豊富な方から初めてもいいと思います。

誰から始めるかより何よりとにかく
行動が大事だと思いますので。

なので、もし、このブログで
行動を起こしていただけたら幸いです。

僕のメルマガには、ビジネス以外にも
不定期に発信する内容もあるので
もし興味のある方はこちらをご覧ください。

 

イッサ 無料公式メルマガ 登録ページ

 

登録は無料でいつでもキャンセルできますし
第三者に提供とかそういったものもありません。

飽きたら、キャンセルするだけでOKです。
自分のビジネスの話だけなので
どうしても、今の仕事を変えたいと思う人
だけ登録すればいいと思います。

興味を持ってくださった方は
是非登録お願いいたします。
解約は自由にできます。

 

公式無料メルマガ
すぐ登録したい方はこちら↓

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.