楽しいはずの1週間旅行で気付いた超悔しかったこと

こんにちは。
今日は、楽しいはずの1週間の京都旅行
をして、超悔しかった時の話をします。

僕は、会社員をやめて
PC1台で仕事をするスタイルなので
自分の好きな時間、場所で
仕事ができるようになりました。

以前の記事で書いた国内旅行の
途中で、京都に寄ったとき
「紅葉すげーきれい」
って感激したときがあったんだけど

「夏だとどうなんだろ?」

と疑問に思い、行くことにした。
夏の京都って、ものすごーく暑くて
風もないのであえて避けていた。

知らないことを知る旅に出たいな

と思い、一週間ふらっと滞在してみた。

普段気づけないことも
沢山気づけたので
シェアしたいので1週間の
京都旅行の話をします。

で、サムネ通りなんだけど
夏の京都は緑一色って感じ。

秋だと紅一色、春だとピンク一色
と四季の変化を風景だけで
感じることができました。

お寺とか古い建物って
庭とか普通にあるから
四季の変化をすごく感じやすい。

真夏の中、歩き回っていたので
何度も何度も喫茶店とか
団子やで休憩していたんだけど

食べ物がすげーおいしく感じた。

暑さもあって、喉からからだったのもあったけど

みたらし団子とか
体にしみわたってくるようにうまかった。
その時の団子がこちら↓
会社員の時は
一日中、会社にいるようなものだった
から、外を出歩く時ぐらいしか
暑さを感じることができなかった。

そう思うと
今までもったいないことしてきたんだなあ
と思った。

四季がある国って、そんなにないと聞くし
四季がある国なのに、仕事場にこもって
パソコン打ちまくって、しないっていうのも
なんか、日本人として損してるんじゃない
かなって。

よく日本だと
長時間猛烈に働くことが美徳だって
いうけど、四季がある国で四季を感じられない
生活って寂しいなって感じた。

せっかく、日本人に生まれたわけだし
もうちょっと日本の四季を感じてもいいんじゃないかと

ただ、京都で1年暮らすのは、かなりきついなって
正直思った。

京都にある大学に4年間通うんだったら
大学辞めていたかも・・

その位、夏の暑さは尋常じゃない。

32℃って書いてあるんだけど
街中だと一面アスファルトで
風が全然吹かないし・・

+4℃位高いんじゃないか?
って感じ。

熱中症になりかけたし
日焼けも結構したので
次はいいかなーって感じの
旅行でした。

学生時代のノリを30代でやったので
分かったんですが

10代の時に京都に行くのと
20代の時、30代の時だと
全然違ってくる。

10代の時だと「ふるくせー建物だなー」
とか「教科書で見たー」てな感じだけど

20代、30代になると
マイホームづくりの参考にしたり
この木とか飢えてみたいとか
同じ場所に来ているのに
勉強する姿勢に変わっていることに
気付いたりする。

建物自体はそんなに変わっていないのに
自分の考え方や感じ方ってすぐに変わる
んだなーって痛烈に自覚した感じ。

普段当たり前に思っている
考え方や感じ方って自然に変わっていたりする。

会社員の時は、1日中ずっと働くのが
当たり前だと思っていた。

だから、今のように自由に働くってこと自体
詐欺で稼いでいるんじゃないかとか思っていた。

だけど、自分が自由に働くようになると
別に詐欺でも何でもなく
拘束されなくとも価値を提供すれば
ずっと働く必要なんてないんだなー

って痛感するようになった。
神社や風景を楽しむのを価値と感じる
人もいれば、お土産や料理を価値と感じる
人もいるのと同じように価値は人それぞれ。

缶ジュースも、高台にある神社付近だと
普段のスーパーや自販機で買うより
も1.5倍くらい高額になっていたりする。

さっき紹介した団子とお茶も、スーパーとかだと
300円位で売っているものだけど
700円以上とられてもスゲー満足だった。

喉が渇いて苦しいからどうしても欲しい!
っていう人は買ってしまう。

だけど、満足なのだ。

これと同じように、自分を
高く評価してくれる人に向けて
商売すれば、全然稼ぎも違ってくる。

そんな価値の提供の仕方の重要性を知ってから
僕の人生は、激変したと思う。

歴史的建造物に行くとお坊さん
の像とかあるけど、彼らも自ら進んで
アクションした結果

今に至るまでずっーと
建物や考え方が残っていたりする。

1000年以上価値や考え方を提供する
偉人って冷静に考えてスゴイと思う。
youtubeや情報発信ができなかった
時代に、今まで考え方や思想を伝えている。

つまり、400年以上も人に考え方や価値観を
伝える仕組みを作っているプロってこと。

その点、僕なんかまだまだだと思うし
到底かなわない。

PC1台で旅行をしながら仕事をしています!
なんて自慢している自分のレベルの低さが
すごく情けない。

こっちは立派な建物も組織もあるし
人に思想を普及させているんだぞって
自慢しなくても分かる感じが

圧倒的に負けてくやしいというか
相手になっていなくて自分やべーって感じる。

確かに、僕は8年間会社員で仕事をしてきた
時と比べて、全然発信スキルは上がっていると思う。

8年間で身に着けたスキルと言えば
会社内でしか通用しないマニアックなスキル
やエクセルの編集スキルが上手くなったり
しただけ。

今考えてもマジで価値がなかったことに
時間をかけていたと思う。
当然、収入が劇的に増えるような
ことも一切なかった。

会社をやめて稼げるように
自分の存在が認められるように
がんばったし、わがままだった僕は
お金を稼ぐ、時間にゆとりをもたせる
社会に認められたいという3つの条件を
満たしたいだけで、ここまでやってきた。

自分はなんか頂点をとって
自己満足していてすごく恥ずかしい・・・

上には上がいるし
自分も目指さないと。

と、自分が猛烈に悔しがったことを
忘れないように、記事にしました。

旅行の気づきメモみたいな感じですが
ここまで読んでくださった方の気づきとかに
なれば幸いです。