人生どん底のボクが水戸黄門をボコボコにして、人生変えようとした話


こんにちは。イッサです。
今日は、前回やりきったゲームの話の
続きになります。

(前回の話はこちら

前回の話を簡単に書くと
ファイナルファンタジー(以下FF)というゲーム
のテーマ曲のライブに行って、感動したのですが
FF6に出てくる曲が全く理解できず
ゲームをやっていなかったことを後悔しました。

そんな後悔もすっかり忘れ、15年過ぎ
ゲームの作曲者であるノビヨの死を
意識するようになったことで
23年前に諦めたFF6を再開し
無事クリアをした
という話でした。

そんな思い入れがあるFF6を達成し
次も別のシリーズをやりたいと考えた僕は
友人と話して、次のゲーム何がいいか
聞いていたところから始まります。

結論まで言ってしまうと
ゲーム屋に行くと僕は悪代官と
いうゲームを見つけ、FFだけでなく
水戸黄門、助さん、角さんを倒す時間を
作るために、ネットビジネスをはじめるのです。

結論がどうしてそうなるの?って
感じなので、最初の友人の話から行きたいと思います。

思っていた以上に壮大だったファイナルファンタジー

夏の連休と有休を使って
FF6をクリアした僕は、テンションが上がっていた。
クリアを友人に報告した後

「出来ればFF全部やりたい―」

を話した。
友人は顔をひきつらせ

「え?全部やるってマジ?」
「うん、やりたい。」

そういうと友人が作った
FFシリーズのリストを見せてくれた。

多分15作ぐらいなんじゃないか。

僕はそう思っていた。上から1,2,3
4・・・と数えていると10-2なる
ものも出てきた。

え、ファイナルファンタジー10の続編あるんだ。
ん?15個以上あるぞ??

数え終わると僕は
呆然としていた。

「・・・・え?・・・・・65作もあるの??」

そう、友人のリストによると
ファイナルファンタジーは

65作あるらしいのだ

*個人の意見。実際は87作以上あるそうです。

前回のファイナルファンタジー6は
このケーキを1人で食べる位の大作だった。


これを65個はきつすぎる。
流石に多すぎでしょ・・・。

65作あるって言ったって、2時間ぐらいで
終わるものもあるんじゃないの?

ロールケーキ1切れ分みたいな。

僕はたった6作しかやっていない・・・

なので、友人から
「全部は無理だって。
派生品除いたやつだけやればいいんじゃない?」

とアドバイスをもらい
ファイナルファンタジー1~15までを
計算してみた。

FF6が40時間だったので
残りの7作やったとして
どうやら・・・・・280時間
は必要みたいだ。

280時間ってすごくね?

月曜から金曜日まで
毎日12時間働いて
6時間寝て
出来る時間がたった2時間
・・休日も含めても
30時間ぐらいしか使えないだろう。

そう、今から血眼になって
やっても、90日は必要という計算だ。

しかも、最短クリア前提だ。

僕はFF6をやったときを
思い出した。

たまにわき道に外れて
宝箱をあさったり
レベルアップや魔法習得のために
バトルしたり、ノビヨの音楽を
聞くために色んなダンジョンいったり

・・・なんだかんだ言って
最短クリアどころか
当初予想の2倍以上

80時間をかけていた。

なので、楽しむには
180日以上血眼で頑張らないといけない・・・。

あぁ、せっかくのゲームも楽しめない・・
ただの苦行を増やしているだけだ・・

そう考えていると
もっと重要な課題も見えてきた。

「やるのなら、一気にクリアしたい」

ゲームを毎日少しずつやるのは
なんか面白くない。

僕はゲームは一気にプレイしないと
続きが気になって
仕事に手がつかないし

「あぁー家に帰って、ゲームの続きしたい!」

と思いながらも、仕事は勝手に降ってきて
終わらないので、イライラ倍増だ。

どこのサラリーマンも一緒だと思うけど
上司というか経営者がしょっちゅう
意見を変えるので、仕事も振り出しに
戻ることが多い。

無駄が多いのだ。

だから、残業はいつもあるし
その分、プレイ時間も削られる。

ゲームもいつ終わるかわからない。
休日4日連続の日も少ない。
せいせいお盆か、ゴールデンウイーク
年末年始ぐらいしかない。

3連休に休みを追加して
4連休にしてもいいけど
仕事がますます大変になる。

・・・あぁ、今のままだと一年
たっても終わらないかもしれない。

会社の仕事も忙しくて有休も
中々とれないし、連続休みがほしい
でもどうすれば・・・

そう考えていると
会社員である限り、ゲームを自由に
できるなんてことはないだろうな
と思った。

会社員をやめる・・・
そうか!仕事を変えればいいのか!

ゲームを仕事にしている人
を思い浮かべた。

プロゲーマーとかyoutuberとかが
やっているゲームは大体アクションゲームだ。

僕がやっているようなFFとかではない。
自分の欲求を満たすだけの
ゲームをやるのは向いていない。

ゲームは趣味としてやりたいんだよなー
でもどうすればいいんだろう・・・

僕は悩みまくって
結局答えが出なかった。
そこで同じような境遇の人が
いないか検索してみた。

すると

「ネットビジネスなんて
仕組みさえ分かってしまえば、余裕ですよ
メルマガ登録無料です」
という起業家のブログを見た。

ネットビジネス??

そのブログを見ると
ネットビジネスができれば
働く必要なんてありませんよ。

と書いてあった。
僕はネットビジネスで稼げるという
のは、以前の経験からうんざりだった。

「うそくせぇなぁ。
どうせ、結果出なかったら
勉強不足とかいうんだろ?
詐欺じゃん」

どうせ、この人も株やFXといっしょなんだろうな
そう思い、その人のブログを閉じた。

(僕が失敗した詳細はこちら

そんなことしている位なら
FF買ってくるかー。

パソコンを閉じて
FFを買いに行った

またまた運命の出会い

中古ゲーム屋にいくとFFがずらっと
並んでいた。でも、3DSに対応している
ゲームは少なかった

なんだかんだいって
パッケージを眺めるのは楽しい

えーと、FFはどこだろう?

そう思っていたら、僕は懐かしい
やり残した昔のゲームを見つけてしまった。

昔、友達のところで1時間だけ
遊ばせてもらったことがあった

悪代官

というゲームだ。

悪代官は、はっきりいって
全然有名なゲームじゃない。

知っている人だけ知っている
超マニアックなゲームだ。

だけど、老若男女特に
年配の人に簡単に面白さを説明できる
非常に珍しいゲームなのだ。

どういったゲームかというと
水戸黄門をこらしめるゲームだ。

水戸黄門は、年配の人なら全員見ている
誰でも知っている位有名な時代劇。

時代劇=水戸黄門
と言い切ってしまっても
過言ではないと思う。

どんな話かというと
江戸幕府No.2の権力をもつ副将軍のおじいちゃん
とお供が日本中を旅をして、一般人に悪行を重ねる
地方の悪代官や商人をこらしめるという話だ。

 

話の流れやオチがほとんど毎回同じなのが
最大の特徴で、まず、旅をしているときに
苦しんでいる一般人を見つけ
自分の身分をごまかして、情報収集をする。

忍者やスパイを雇って、色仕掛けや
天井からこっそりのぞいたりして
悪代官や商人から確かな情報を収集し

証拠をつかむと助さんと角さんという
人間とは思えない武士2人は必須で
多くて4,5人くらいの少数精鋭で
悪代官や悪徳商人の屋敷に乗り込む

悪代官は、水戸黄門に勝つ方法等なく
武力と権力でこらしめるという話だ。

こらしめる部分も毎回ほぼ同じ展開

水戸黄門が「助さん角さんこらしめてやりなさい!!」
と言いながら、20人位いる武士に囲まれながらも
自分も杖で武士達を殴って気絶させ

飽きたら
「・・・もういいでしょう」
と言って、助さん角さんが

「この紋所(徳川家の家紋)が目に入らぬか!!
こちらにおわすかたをどなたと心得る
先の副将軍、水戸光圀公(水戸黄門)であらせられるぞ」

見せびらかして、権力と武力で
悪代官をひれ伏させる

という話だ。

悪代官はそれを真逆で行く
全国の水戸黄門ファンを敵に回す
恐ろしいゲームだ。

悪代官が金の力で武士や忍者をやとい
水戸黄門を待ち構えて、こらしめて天下を取る

という突っ込みどころ満載のゲームだった。

1時間だけやらせてもらった当時
めちゃめちゃ面白かったのを
今でも覚えていた。

悪代官である僕が罠を作っていると
水戸黄門が敷地に乗り込んできて
「・・・こらしめてやりなさい」
と屋敷まで討ち入りしてきた。

金持ち悪代官の屋敷なので相当広い。

屋敷を歩いて、僕を探す水戸黄門は
僕が仕掛けた落とし穴にまんまと引っかかり

「助さんー 角さんー」
と言いながら、這い上がろうとしていた。

悪代官である僕は、水戸黄門のところに
いき、その落とし穴に爆弾を投げると
「ぐわぁー」
とテレビでは絶対放送されない情けない声
を出しながら、また落ちていった。

しばらく繰り返していると

「ぐわー」
「ぐわー」
「ぐわー」
「ぐわー」

と、お供の武士2人はいつの間にか
やられていて、最後に爆弾を投げると

「うーわあぁぁっぁぁー」

と叫びながら、水戸黄門は負けてしまったのだ。
悪代官は

「ふははははは」
と喜ぶと水戸黄門は、泣きながら

「・・・次は、必ずこらしめてやるからな・・」
「・・・覚えてろよぉ。( ノД`)シクシク…」

と屋敷を去っていった・・・
といったゲームだ。

江戸幕府No.2の副将軍が、地方の悪代官
をこらしめるのに失敗して逃げていく・・・

これはもはや革命で
江戸幕府が崩壊してもおかしくない
事態だった。

こんな水戸黄門見たくねえー。
と笑いを誘うゲームだった。

そんな楽しかった昔を
思い出しニヤニヤしながら
パッケージを見ていると

めっちゃ面白いんだよなー。
ちゃんとやってみたいなー。
と思った。

・・・時計を見ると、既に2時間ぐらい
ゲーム屋にいたので

そろそろ帰らないとなあ・・・
せっかくだから買っていくか

と、悪代官を買った。
ゲーム屋を出ていくときに

「あれ、俺なんでゲーム屋にいたんだっけ?
まぁ、いいや。悪代官買えたし。」

と当初の目的を忘れて家に帰ってしまった。

その後「FF買うの忘れたー」と盛大に後悔し
買いに行った。

・・・280時間じゃ無理

家に帰って、別のFFをやる前に
一回、クリアしたFF6を再びやることにした。

「本当に40時間で終わりなのだろうか・・?」
と疑問に思ったからだ。

ゲームのサウンドは、基本ストーリーを
やっていれば、たいてい把握できる。

だけど、やりこみ要素満載で
キャラクター全員主人公です!
と言わんばかりのFF6は
とてもそうは思えなかった。

調べた結果、あろうことか
ノビヨのサウンドで新しい曲を逃していた。

・・・これはマジでやばい

そう思った。他にも

FF1つが40時間で基本は
終わると思っていたけど、本当に
そうなのだろうか?

と思うようになった。

なので、他のFFを調べてみた。
すると、FFの中には
FF6より短いものもあれば
めちゃめちゃ難易度が上がっている
ものもあることを知り

もう、280時間とか
絶対無理だろー
と思うようになった。

あー時間もないし・・
ノビヨが死ぬまでにFFやりたい・・・

冷静に考えたら、ノビヨも
どんどん次回作作っているんだから
280時間じゃ、コンサートも楽しめないんだよなぁ。

そう実は、前回行ったコンサート
FF7だけでなく、最新のノビヨの音楽
が流れていた。

ノビヨのファンはめっちゃ楽しんでいた。

・・・そう僕は、完全に乗り遅れていた。
周回遅れというレベルではなかったのだ。

このペースだと、ノビヨが100歳まで
生きたとしても、FFすら終わらねー。
あー俺は、ノビヨが死ぬのを待ちながら
必死でゲームしないといけないのか

どうすりゃいいよ
とても間に合わない・・・

そう絶望してしまった。
しかも、FFだけの話である。

やりたいゲームは、FF以外にもいっぱいあった。
悪代官とか悪代官2とか悪代官3とか・・・。


目の前に悪代官があったから
シリーズすべてあげてみたが
もちろん悪代官以外にもやりたいゲームはあった。

もう一回やってみたいゲームとかもあった。
クロノトリガーとか。
これらのゲームは、時間がないからとずっと
諦めていた。

そんな時、ふと思ったのだ。

好きなことを諦め続ける人生を
ずっと続けるのか?


そんなの嫌で嫌で嫌でたまらない。

しかも、コロナで音楽イベント自体
開催していないし、ノビヨの
音楽イベントに行ける可能性はますます
低い・・・。

せっかく開催しても、イベント当日までに
ゲームのクリアが間に合わず
「この曲聞いたことがない!」
という悔しさはマジで避けたい・・・。

あと、出来れば復習したい。
学生時代のように時間があれば
まだできるのに・・・。

時間さえあれば・・・・。
金さえあれば・・・・。
貧乏で買えなかった
昔やりきれなかったゲームが
やりきれるのに。

学生の時は金欠で苦しみ
社会人になったら時間不足で苦しみ
だんだん諦めきれなくなっていた。

そんな時に、以前読んでいた
起業家の記事を見つけたのを思い出した。
今の僕、言い訳ばっかりじゃないか。

「FFの主人公や仲間たちならどうしたんだろう・・・」

FFの登場人物は、どんどん行動し
世界崩壊の危機と戦っていた。

僕がやったFF6では、仲間がバラバラになって
も、1年間も諦めず、ずっと仲間を探し
続け、宿敵を倒した。

中間庭バラバラになった世界は
世紀末という名にふさわしい
世界でした。

中には諦めそうな人もいたけど
最後には仲間になって、戦ってくれました。

では、今の会社員生活はどうだろう?

会社にいても、上司を8年見てきた
僕はもう先が見えていました。

もっと楽しい人生を歩みたい・・・。
だけど、安定的な収入がほしい。

安定を選んで、就いた仕事だったけど
鬱で病んで、このまま病気で
い続けて好きなことも十分にできない・・・。

何をするにしても
我慢、我慢、我慢の連続・・・
年を取るごとに増えていくんだろうな・・。

将来に絶望していた僕は
とりあえず、なにか行動しないと何にもならないよな。
そんな時、ふと思ったのだ。

悪代官だって行動してるじゃないか

そう、水戸黄門を倒すにも
結局金と行動力だった。

知略を尽くさないと
水戸黄門に勝てないのだ。

何としても今のうちに
知識を得ないとダメな悪代官で
権力にひれ伏して首を切られてしまう。

首を切られるだけの
人生なんてまっぴらごめんだ。

結果出している人は行動してる
そう思い、チャレンジして
行動しないと駄目だなと思った。

なので、まぁ、無料ならいいか。
今こそ、行動するしかない
失敗しても副業だから
リスクもほとんどないし・・・

だったら、新しいことに挑戦しても
いいんじゃないか!

そう思い、メルマガ登録した。
メールアドレスを打ち込んだだけだけど。

こんな小さな一歩だったけど
僕のネットビジネス生活は始まったのです。

>>その後の話 ネットビジネスを始めた結果、わかったこと

大うつ病の初期だった僕が、ビジネス初めて、悩みが消し飛んた話

_________________________

こんにちは。イッサです。
僕は会社員生活に不安を感じ、ビジネスをはじめました。

ビジネスに関しては、ここでは書いても難しいし
ディープな内容なので、メルマガで詳しく
たくさん、わかりやすく書こうかなと思います。

ビジネスの配信や紹介は別の人でも
やっている人は結構いるので
他の実績豊富な方から初めてもいいと思います。

誰から始めるかより何よりとにかく
行動が大事だと思いますので。

なので、もし、このブログで
行動を起こしていただけたら幸いです。

僕のメルマガには、ビジネス以外にも
不定期に発信する内容もあるので
もし興味のある方はこちらをご覧ください。

 

イッサ 無料公式メルマガ 登録ページ

 

登録は無料でいつでもキャンセルできますし
第三者に提供とかそういったものもありません。

飽きたら、キャンセルするだけでOKです。
自分のビジネスの話だけなので
どうしても、今の仕事を変えたいと思う人
だけ登録すればいいと思います。

興味を持ってくださった方は
是非登録お願いいたします。
解約は自由にできます。

 

公式無料メルマガ
すぐ登録したい方はこちら↓

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.