「僕はゲームの名人のせいで、ファイナルファンタジー6を23年間クリアできませんでした。」

こんにちは。イッサです。

今日は、僕が前回書いたFF6を
23年間できなかった言い訳
があまりにひどかったので
シェアします。

結論から言うと、ビジネスと言い訳って
すごく関係あるという話をします。

どういうことかというと
言い訳はできない理由なので
上手く説明してあげれば
出来る理由になるということです。

前まで、僕はファイナルファンタジー6を
作曲者であるノビヨの死を意識したことで
死ぬ前にプレイしないとと
23年経ってやっとクリアすることに
なったのですが

23年間ずーっと我慢してきたゲームをやっとやりきれた話

そもそも何で23年間も放置したのか?
という理由を深堀りしました。

僕がファイナルファンタジー6を23年間やらなかった理由を買い物の原則から見て、冷静に考えてみた


簡単に言うと、トラウマが
出来たことが大きな理由だったのですが

23年間やらない理由というより
すぐにやらない理由が結構あった
ことがわかりました。

その中には、見てもひどい言い訳が
出てきたのでちょっと書いていきたいと思います。

・・・ゲームをしなかったひどい言い訳

23年間ゲームができなかった
言い訳を簡単にまとめるとこんな感じ。

1.世界観が暗くて俺には合わない
2.借りた期間が4日でめちゃめちゃ短かい
3.手元に攻略本がない
4.クロノトリガーで忙しかった
5.金と時間がない

この言い訳記事書いていた時は

「僕はなんて論理的に
言っているんだろう!
(`・ω・´)キリッ」

とかマジで思っていたんですが
後になって冷静に読んでみると

・・・・23年間もやらない
理由にしてはよわ過ぎるだろ・・

と冷めてしまいました。

なんというか・・
小学生が夏休みの宿題
を何一つやっていないで
夏休み明けの初日に言い訳する位
・・・23年やらなかった理由としては
・・・・・とても軽すぎたのです。

攻略本がないとか・・・

23年間出来ない理由にしては
ひどい言い訳です。

・・・自分のクズさに
がっかりしました。

しかし、こんなひどい言い訳を超える
もっとひどい言い訳があったので
今から、紹介します。

言い訳:名人が、僕にFFをやめるように言った。

スーパーファミコンが全盛の時
ゲームの達人と言われる
人がいました。

その名も高橋名人。


 
漫画や本などメディアに多数出演していた
有名な人物です。そんな彼は、ゲーム業界では
名言を残しています

「ゲームは1日1時間」


プレイ時間を1時間越すと
名人を思い出して

「あ、1時間だ」

と切っていました。

しかし、今回は違いました。
僕は名人と約束した
「1日1時間」を
破り
2時間もやっていたのです。

「1時間過ぎてる・・

当時の僕は
とても罪悪感を感じていた。

近くに置いてあったファミ通
の表紙を見て、ゲームやっていると
名人の顔がちらついてくる。
FFをやりはじめて
1時間15分経ちました。

画面を見ていると
名人が写っているように
見えました。

僕は名人を振り切ることが
できずに、つい

「・・・・・そうだな、
やりすぎは
良くない。
名人の言うとおりだ」

と納得し、返却したのです。

ちなみに、名人はスクエアと
ライバル会社の人でした。

僕は、彼の会社のゲームを買う
ように誘導されていたのです!

名人は、はっきり言って
FFを超える大ヒット作を作れませんでした。
もし、FFのような40時間必要なゲーム
作っていたら、こんなことは
言わなかったでしょう。

今振り返ると、ぼくは名人に
洗脳されていたのです!

1日1時間で済むような
名人が作るようなゲームをやろうよ・・
という陰謀に騙されていたのです。

当時純粋だった僕は
そんな高橋名人の1日1時間の洗脳
せいで、FF6ができなかったのです!!

この時、僕は高橋名人すげーなー。
子供に呪いをかける天才だなー。
 
1994⃣年当時、洗脳という言葉は
まだ一般的ではありませんでした。

その後に起こるオウム真理教のテロ
によって、洗脳という言葉を知るのです。

名人はオウム真理教より
すごい洗脳の名人だったのです。

以上が僕が23年間ゲーム
できなかった理由です!

名人にマインドコントロール
されていたからです!

~完~

・・・んなわけねーだろ?
もっとまともな言い訳しろ


とここまで読んで自分で
つっこんでしまいました。

大体、テレビから出てくるって何なの?

貞子なの??って感じです。


 

言い訳と買わない理由は同じ

・・とまぁ、高橋名人にはマジで申し訳ない
ですが、ゲームは一日一時間
発言を忠実に守って
いた故、4日でクリア
出来ませんでした。

・・まぁネットがない時代で
1日10時間やっても
4日でクリアは難しい・・。

最近では香川県の条例になっているので
名人は洗脳のプロというのは
まぁ、間違いではないと思います。

こんな感じで、僕に限らず、人はやらない理由
をいくらでも考えれてしまうのです。

ビジネスを始めて最初に学んだ
基本中の基本を教わったときのこと。

時間がないから・・・
俺の価値観にあわない・・
やり方がわかんないし・・
お金がないから・・・
別のに夢中で忙しいし・・・
有名人にそう言われたから・・

・・・これら、人がモノを買わない
塾やジム
をやめてしまう理由
ファイナルファンタジーを
やらない理由は同じだったのです。

僕の言い訳と全部同じことが
書いてあって、はっとしたのです。

逆に人がモノを買うときや
信用するときは

朝でもお手入れカンタン・・・
理想のあなたを手に入れる・・
やりかたはこれだけです!・・
お値段はお得です・・・
1日5分でカンタン・・
有名人の○○さんもオススメ・・

と言ったりします。
化粧品の通販とかでは
聞きなれたフレーズでは
ありませんか?

ビジネスも言い訳をなくして
購入してもらうゲームみたいなものです。

なので、僕の恥ずかしい言い訳を
知っているだけでも、
世の中の人が
買わない理由も
わかったりするのです。

>>ちゃんと分析した内容はこちら

僕がファイナルファンタジー6を23年間やらなかった理由を買い物の原則から見て、冷静に考えてみた