もっと早く知りたかった!人が行動しない5つの原則を知って、僕の人生が激変した話

こんにちは。イッサです。

今日は、前回、僕が23年間ずーっと我慢してきた
ファイナルファンタジー6(FF6)がどうしてできなかったのか
について、買い物の原理原則を交えて、深く掘っていきたいと思います。

結論をまとめてしまうと僕はトラウマが
原因で、23年間できなかったという話です。

(前回の話はこちら)

23年間ずーっと我慢してきたモノを今さらながらやりはじめた話

どういうことか言う前に
僕の子供時代が関係してきます。

僕は子供時代、お小遣いもろくにもらえず
めちゃくちゃ我慢を強いられて育ってきました。

なので、やりたかったゲームを自由に選べず
いつも友達からの借り物やお下がりでした。

プレステやプレステ2も新品で買ったことがなく
友人から1000円でお古を買い取ったりして
ゲームをやっていました。

お下がりばっかりもらっていたので
やり残したゲームというのが
結構あったりします。

しかし、FF6は今や1000円以内
でどこでも買えるゲームです。

友人に話したら
「社会人になった後に気付いたのなら
さすがに、もっと早くにできるでしょ・・・。」
と突っ込まれてしまいました。

社会人になってから、行動できなかった理由を
買い物の原理原則に基づきながら、話すと

「あーそれならわかるわー。」
と超共感されたので、書いていきたいと思います。

そもそも、なぜ発売当時、新作を買えなかったのか?

当時僕は、年1万円しか
小遣いをもらっていませんでした。
(お年玉含めて)

年1万円あれば、買えたのでは?
本当に値段が高かったの?

と思われた方もいるはずです。
今のゲームソフトは新作で
大体6800円位が相場ですし。

しかし、当時のスーパーファミコンは
ソフトがものすごく高く1万円以上する
ものも多数あったのです。

その中でファイナルファンタジー6は
なんと11,400円でした。

・・・高い。

と大人でも感じる高級品
だったのです。

そんな状況の中・・
ドラゴンクエスト
クロノトリガー
ファイナルファンタジーと
・・・1万円を超える作品が
1年で3作も発売されていたのです。

なので、多くの小学生は
・・・金がねぇ。
とどれか諦めざるを得ませんでした。

僕の場合は、ファイナルファンタジーは
友達から借りることができ、クロノトリガー
は、父親がパチンコの景品として
運よくよく入手できました。

・・・とまぁ当時
購入するハードルは
めちゃめちゃ高かった。

確かに11,400円
は高いし、買えない。
・・今でも高いと思う。


友人に話したら
「確かに、あの時はできなかったよ・・・。」
と超共感されました・・が

「・・けど、社会人になってからの
理由にはならないって」
と突っ込まれてしまいました。

といったところを
人の心理の原則にあてはめながら
理由を書いていきたいと思います。

原則1:人は買い物に失敗したくない

突然、話変わるんですが
このアイスをご存知ですか?

フタバ食品のサクレというかき氷です。

超定番のかき氷で、コンビニで当たり前の
ように売っています。

実は、サクレはコンビニとスーパーでは
値段が倍くらい違います。

「値段が違うのなら、安いスーパー
で買うのが普通だろう・・・」

と僕だったらそう思います。

では、なぜコンビニで売っているのか?

それは、「買い物に失敗したくない」
という人が買っていくからです。

どういうことかというと
サクレは超定番かき氷で食べたことが
ある人が多いのです。

コンビニのアイスコーナーは激戦区です。
毎週、新製品が出るときもあります。

「何?この新製品??食べてみようかな」

とチャレンジしたい人は新製品を買ってくれます。
しかし、それが激マズだったらどうでしょう?

「・・うぅ・・・食べなきゃよかった」
と思いませんか?

世の中のほとんどの人は
「まずいのは絶対食べたくない」
のです。
絶対はずれがないとは

「昔食べたことがあるわ」
「こういう味なんだろうなぁ・・」

と想像しやすい味のことで、馴染みがある
定番のサクレが選ばれるというわけです。

ガリガリ君やチョコモナカジャンボ
あずきバーもサクレと同じ部類だと思います。

人は買い物をするときに、
リスクを極力避けます。

ゲームソフトも10000円で買うより

「あいつ(友達)に借りるかぁ」

で済ませ、お金を失うリスクを避けようとします。

僕がFF6をプレイしたときは
ノビヨの死を意識するようになったことで

「ライブを100%楽しみたい」
という欲求と

「FF6やらないとライブ
楽しめないからまずいな」

とFFをやらないリスクがかなり高いと思ったからなのです。

友人に話したら
「ライブ楽しめないのはつらいよね。
FF6はいい音楽だから、絶対聞いたほうがいいよ・・・。」
と超共感されました

原則2:一度失敗した買い物を二度と買わない

皆さん、この食べ物をご存知でしょうか?

そうです。生鮭です。
実は僕、スーパーで買った生鮭を

夏は、絶対に買いませんし
生鮮食品は、クレジットカード決済で
済ませるようにしています。

というのは、腸炎ビブリオという食中毒
にかかり盆休み7日を失ったからです。

会社員にとって7日連続の休日は
超貴重です。食中毒になったとき

「なんでこんな時に・・
おぇおぇー」

と3日間ほどトイレと医者の
行きかえりで、泣きそうでした。

スーパーの鮮魚担当が腸炎ビブリオ
で衛生管理が十分でないのが原因でした。
当然、営業停止になっていたので
僕は返金を請求しました。

しかし、その時の店長が
「20代男性のお前が
生鮭なんて買うわけねーだろ」

と加害者とは思えない態度で迫ってきたのです。

というのも、この事件より前、スーパーの返金対応で
非常に有名な事件がありました。

北海道にあるスーパーで、牛肉の産地を偽装して
1年間表示し続けたことを理由にレシートなし
返金をすることにしたのです。

その結果・・・

販売額の3倍以上
返金することになったのです。

「小遣い稼ぎができる!」と街中でうわさになり
普段肉を買わない小中学生、未成年者までも
お金をもらう事件になってしまったのです。

ちょっとモラル低すぎでしょ・・・
と多くの人が思った事件です。

この事件以来、基本的にレシートを持ってない人は
絶対に返金対応しないようになりました。

とはいっても、どう考えても
販売額=
返金額になるはずなので

3倍になって気づいている時点で
かなりおかしいです。

そもそも偽装表示を1年も続けれた
体制も問題です。


結局、お金、人、リスク管理
すべてがずさんだったのです。



しかし、食中毒で医師の診断書
と検便結果つき。


ドライブレコーダーも見せ、僕が購入していたシーンも
うつっていました。購入日、レジの番号、購入した時間
商品含め、全てわかっていました。

しかし、レシートは、生鮭のパックから
出る水滴で読めなくなってしまい、レジ横
のゴミ箱に捨ててしまったのです。

「レシートがないけど、ここまで
わかっているんだから、さすがに返金
してくれるだろう・・・。」

既に4日たっていて、生ごみの生鮭の
トレーについていたシールなんて
残っていない状態です。

レシート以外の証拠がこんなにあるのに
店で何か買ったことまで証拠があっても
「パック詰めの肉かさかなかわからないから
返金できない」と言い張るのです。

この事件の被害者は100名以上。
報道もされました。
小さな事故ではありませんでした

店のバーコードの品名管理もずさんで
鮭の切り身、刺身、産地、加熱調理済み
など多数あり、購入日とレジを指定しても
○○産、切り身と検索しても
すぐには結果が出てこなかったのです。

そう、このスーパーも、さっきと同じ。
衛生管理だけでなく、バーコード管理や
レシートの履歴管理、検索できる仕組み
も超
ずさんだったのです。

なので、返金にも時間がかかりました。

「・・・遅いんだけど。」

既に1時間経っていました。

下痢気味で食事もろくに
とっていなかった僕はめちゃめちゃ
イライラしていました。

4日で3キロも体重が減りました。

結局、治療費と鮭代だけ返金され、生菓子の
謎のギフトをもらいましたが、僕は超不満でした。 

「告知もしてねーし、謝りもしないのかよ。
 ふざけんなよ! 絶対許さん。
 俺の貴重な夏の休日返せよ・・・
 こんな菓子折りいらんわ。」

怒りに狂った僕はブちぎれ、店長がいる前で
お詫びでもらった箱入りの菓子折りを半分に折り曲げ
スーパーのゴミ箱に捨てました。

「食中毒起こしたスーパーの生菓子なんて
 怖くて食べれないわ。」

何なんだこのスーパーは・・。
レジの検索に1時間かかって
個人情報は提供しないといけないし
お金も治療費と鮭代だけ。
お詫びの気持ちは、食中毒なのに生菓子。
最低じゃないか・・・。

それ以来、僕はこのスーパーに行かないし、夏に
生鮭を食べるのも、現金で買うことも
避けるようになりました。

原則3:人が価値を感じないものを
タダでつけてもムダ

・・というように買い物に
失敗したと感じることは
皆さんも結構あるかと思います。

僕の場合はかなりデカい訴訟レベルですが
一度失敗した買い物は
二度としないし、したくない
のです。食品に限りません。

例えば、化粧品だったら
「この化粧水・・肌がひりひりする
になり、車だったら
「リコールは隠すし、・・修理ばかり

と健康と時間とお金を失うリスクは
したくないのです。

僕の生鮭にいた腸炎ビブリオは
60℃以上、10分間煮込まないと死にません。

表面をこんがり焼いても
中心部では生きている厄介な菌なのです。

これを知った僕は
「10分加熱調理・・って、鮭フレーク
買えばいいじゃん

って感じになり、調理もめんどくさくなり
生鮭は買わないようになりました。

僕がファイナルファンタジー6を
友人から借り直したり、安くなったとき
に買いなおさなかった理由も
生鮭と同じようなものでした。

過去のトラウマで

「12人もキャラを育てる
必要あるのかよ・・」


と思い込み

「時間かかるし、もう二度と
やりたくないわ・・」

と借り物なのに失敗作に
あたってしまったと感じたわけです。

友人に話したら
「キャラの交代が多いゲームだから
最初だけやると時間かかりそうって
思っちゃうよなぁ・・・。」
と超共感されました

原則4:人は感情で買う

皆さん、この食べ物をご存知でしょうか?

そう。ポテチです。
僕、小池屋のポテチをコンビニで結構買ったりします。

では、小池屋のポテチは生活必需品でしょうか?

いいえ、違います。

避難所とかで毎食配られるような
非常食ではありません。

食べると幸せな気分になる
お菓子です。

なので、僕がポテチを買うときは
いっつも決まっています。

ストレスが溜まったときです。

で、人間には理性的な脳と感情的な脳があって
理性的な部分が負けやすいのです。

僕の場合、ポテチを見た時に
味を思い出し

「うめーんだよなーこれ。」

「たくさん食べたいなぁ」

と、ストレス発散したい
と思うようになり

「つい買っちゃった♪」

と衝撃的に買ってしまうのです。
小池屋のポテチに限定して書きましたが
別にカルビーのポテチでも、何でもいいです。

人は感情が先に働いて、買ってしまいます。
そこに理性は存在しないのです。

逆に理性的な脳がしっかり働いていて
ダイエットにメリットがあると感じていると

「・・・がまんするか。」

となり、諦めれます。

実は、FF6の前作であるFF5も
同じ頃に借りたのですが
クリアして返しました。

けど、FF6はできませんでした。
僕がファイナルファンタジー6を諦めたのは
「時間がない中で楽しみたい」けど

「序盤のロックがあまりにも弱く
群像劇でストーリーも壮大で
12人も育てる必要がありそう・・」

とFF6が難しく感じたからなのです。

友人に話したら

「序盤のロックは確かに弱いからなぁ(笑)・・・。」
と爆笑して、うなづいていました

原則5:買い物しない理由はたくさんある

以上、僕がFF6をやらなかった理由
を全部リストアップしました。

人は行動に映さない理由はいっぱいあるのです。
特に買い物の場合は、多いのです。

・雨が降っていたから
・高かったから

・買わない雰囲気だったから
・体調が悪かったから

色々あります。僕がFF6をやらない理由の
中には、こんなひどい理由もありました。

「僕はゲームの名人のせいで、ファイナルファンタジー6を23年間クリアできませんでした。」

買い物に限って言うと、人は買い物するとき
感情的な理由で買い、買わないときは
もっともらしい言い訳を考えるのです。

世の中に万人受けするものなど存在しません。
売れる商品には、必ずファンがいて、アンチもいます。
というのも、以下の原則で物を買うからです。

基本原則1:人は買い物に失敗したくない
基本原則2:人は一度失敗した買い物を二度と買わない
基本原則3:人は感情で買う
基本原則4:人は価値を感じないものをタダでつけてもムダ

基本原則5:買い物しない理由はたくさんある

以上、僕がFF6を23年間やらなかった
理由をあげてみました。

友人に話したら
「ファイナルファンタジー6を今から
クリアしようとすると、攻略サイト見て
すぐ済ませたくなるよなー。
休みも少ないし、群像劇だから
時間かかりそうだしね。」
と時間がないこととゲームをやらなかったことに
共感してくれました

【>>次】僕が行動した中身はこちら

「おい、ご隠居。人生どん底の俺がボコボコにして副将軍になってやんよ」

行動してどのように変わったのか?はこちら

人間不信だった僕が、筋トレやめて、犯罪だと思っていたモノをやって、悩みが消し飛んで、チョー気持ちィィ( ̄∇ ̄;)になった話

 

_________________________

こんにちは。イッサです。
僕は会社員生活に不安を感じ、ビジネスをはじめました。

ビジネスに関しては、ここでは書いても難しいし
ディープな内容なので、メルマガで詳しく
たくさん、わかりやすく書こうかなと思います。

ビジネスの配信や紹介は別の人でも
やっている人は結構いるので
他の実績豊富な方から初めてもいいと思います。

誰から始めるかより何よりとにかく
行動が大事だと思いますので。

なので、もし、このブログで
行動を起こしていただけたら幸いです。

僕のメルマガには、ビジネス以外にも
不定期に発信する内容もあるので
もし興味のある方はこちらをご覧ください。

 

イッサ 無料公式メルマガ 登録ページ

 

登録は無料でいつでもキャンセルできますし
第三者に提供とかそういったものもありません。

飽きたら、キャンセルするだけでOKです。
自分のビジネスの話だけなので
どうしても、今の仕事を変えたいと思う人
だけ登録すればいいと思います。

興味を持ってくださった方は
是非登録お願いいたします。
解約は自由にできます。

 

公式無料メルマガ
すぐ登録したい方はこちら↓

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.