上司にパワハラを受け、適応障害になった話【会社の怖さを教えるシリーズ】

こんにちは。JOKERです。

僕は起業家の方と出会ったことがきっかけで、
今では会社を経営していますが、
前の完成車メーカーは本当に恐ろしい所でした。。

JOKER
一言で言うと奴隷でした( ;´Д`)

その理由もこの記事を
読み終わる頃には分かると思います。

パワハラによる適応障害って何?
どうしてパワハラで自殺するの?
早く治すためにどうすればいいの?
って人向けにテーマに書きたいと思います。

適応障害という病気は非常にとらえどころ
が大きいものです。

JOKER
簡単に言ってしまうと「ストレスの原因がはっきりして」いて症状が出ているものが適応障害でで、原因に対して何らかの対策をすることができれば、スグに治るのです。

 

しかし、残念ながら日本の精神科医は
スキル差が激しく、中には

「適応障害は鬱より軽い病気」

などと書く前時代的で非科学的な精神科医
も残念ながら存在します。

僕が思うにですが、がんに言い換えると

「胃がんとすい臓がんの場合、胃がんは軽い病気です」

と言っている位、鬱より軽い発言はとんちんかんです。

JOKER
できる場所が胃だろうと、すい臓だろうと見つかる率が低いだけで、治療や対策が遅れれば死にます。なので適応障害も鬱病も対策を誤ると死にます。

精神科医のスキル差が激しい時代ですので
この記事で適応障害の実態を知っていただければ
と思い、かかせてもらいました。

 

JOKER
実は、パワハラ起因の適応障害は上司が近くにいる限り症状が続きます。詳しく知ってもらうためにも僕の例を紹介したいと思います。

僕の場合:適応障害による吐き気で苦しむ

ミキ
「エンジン80キロ 4台一人で運べ」

などと恐喝する偉大なるクラッシャー
上司ミキ(仮名)のパワハラにあい

胃がずきずきして仕事にならない
程の適応障害を患った僕は異動し
クソ仕事を半年もすることになった。

人事異動され、クソ仕事をやらされる度

JOKER
「なんでミキ(仮名)は自由にしているのに
俺だけこんなに苦労しているんだ・・・」

とノウノウとしているミキ(仮名)
を思い出し

JOKER
「胃がつらい・・・」
「眠れない・・・」
「胃薬はどこ?」

と胃が痛むたびに胃薬や精神薬を飲む日々。

JOKER
「どうして俺だけこんなに苦しまないといけないんだ・・」
「会社から指示された通りやったのに、どうして俺だけ」
「薬代とカウンセリング代で月3万以上飛んでるのに・・」
「あの野郎、いつか必ず顔面すりつぶしてぶっ●してやる」
「人事部のクソ野郎め。●ね」

僕は、適応障害の原因でもあるミキ(仮名)
から離れても、自分とミキ(仮名)の待遇の差から
ストレスに苦しむ日々を過ごすのだった。

クラッシャー上司は社内ストーカーへ変貌

他の上司が仲介に入っても、ミキ(仮名)は
何かと用事を付けて僕に近づいてくる。

ミキ
♪♪♪

もう、同じ課でもなく、隣の課でもだ。
ミキ(仮名)は、わかっていて
やっているのだ。

なぜ、精神的に追い詰めようとするのか?
それは自分の出世や稼ぎに影響するからだ。

ミキ
(・・・・あいつ要監視対象やな)

こうして、状況が改善されない状態が続き
僕は何とかもう一度異動願いを出し、別部門に
異動した。

建物も離れたことで、症状はなんとか治まってきた。
完全に治るのに1か月ほどかかった。

以上がパワハラ起因の適応障害の恐怖である。
原因が再び近づくと、すぐに再発する。

当然だ。
犯罪者にやられたい放題

やられるようなもんだからだ。

しかも、上司は大体社内ストーカー化している。
なので、隣の係でも意味がないのだ。

正直、これがPTSD(トラウマ)と何が違うのか
よくわからない。

「環境になじめなくて・・」というタイプの適応障害よりも

JOKER
「理不尽な目に合ったやつに付きまとわれて困っている」

というのが実態だ。

このことを理解している人や人事部は全然存在しないし
精神医療も人事制度も四半世紀前のままで今まで来てしまっている。

ストーカーに追われている恐怖と胃が痛い精神的苦痛を
両方味わいながら、逃れられない恐怖におびえる毎日を
過ごさないといけない。

そうやって食事も睡眠も満足できなくなり、最終的には
死んでしまうのだ。

パワハラは上司、法律、仕組みが糞である限り
絶対になくならないし、大企業も中小企業も関係ない。

今回、新たに法律が成立しても
罰則規定がないなどで効果は薄いだろう。

大企業で働いてもクラッシャー上司に使いまわされて
廃人にされるだけがしばらく続く。

結局、企業規模や福利厚生、パワハラ防止の
仕組みが整っていても上司を選べない状態
での就職は危険なのだ。

パワハラは今後の法整備などで減っていくかも
しれないがなくなることは絶対にないと思う。

結論:パワハラに逢ったら即逃げろ

JOKER
適応障害と鬱を併発すると最悪なので
症状が出る前に早めに精神科医に行こう!

そして、有休もらって休もう
話はそれからだ。

おまけ:就職は超大事だが、パワハラは上司が
誰か決まらないとわからない。

自分で上司から逃げれる職場選びは超大事です。

経営者になった
一番の理由は
パワハラで理不尽な目にあったことです

皆さんも、就職するときは
事前に上司を見極めて
から就職
したほうがいいと思います。

それが難しいのがほとんどですが
できないのなら、独立するのも
手かもしれません。


もし、本気で起業する気なら
僕のメルマガ
に登録してもらいたい。

就職の時の話も含め、有益な話を無料で
配信しているので、よろしくお願いいたします。

【関連記事】
その後の詳細はこちら

パワハラで自殺寸前まで追い詰められ、起業家に出会い、借金400万返した経営者ジョーカーについて

2019年10月6日

【無料メルマガ講座】
パワハラ上司★脱出ストーリー

パワハラで適応障害になり
会社を辞め、
ネットで稼ぐために
私が実践した方法を
無料メルマガにて紹介します