自動車会社に勤めていた俺が「完成検査がろくにできない会社」の怖さを教えてやる

こんにちは。ジョーカー(JOKER)です。

今日は

検査不正で問題になっている「完成検査」
の現場は、誰も仕事したくない位、超つらいよ

って話です。

結論から言ってしまうと

どんなに頑張っていても
報われない環境がある

環境を選べるうちに腐る前に
さっさと変えてしまったほうがいい

って話です。

私は、かつて検査に関係している部署に
いて、現場の人とも話をしたことがあるのですが

完成検査の現場も以前話をした

労災の罪をなすりつけられた人

と同じような現象が起きていて
マジで悲惨な状況でした。

労災も検査不正も
組織の末端がやったことで
何にもつながっていない!

ように見えてしまいますが
組織の仕組みが原因で起こっているのです。

 

完成検査の現場って
どんな感じなの?
完成検査って何のためにしているの?

私が、工場実習に行っていた時ですが
検査不正の問題が

自動車業界で話題になっていました。
完成検査というのは国が検査をする代わりに
完成車メーカーが検査をする代行業

みたいなものなのですが
ちゃんとできていないと

公道を走ってはいけないよ

って認定されてしまいます。
で、ちゃんとできていないとどうなるか?

もう一度検査しないといけません。

しかも、ものすごく大量の数をディーラーで車検し直さないといけないんです。

さらに、国土交通省の役人が
「お前ら、定期的に監査してやる」
ということで、監査させられます。

国土交通省の役人から、印象悪くしたら
「今日から車作らなくていいから」
ってことになり、完成車メーカーなのに
完成車が作れなくなってしまう事態に
陥ります。

倒産です。

「いやー、でも東証一部上場企業で、今まで
車乗っているから
大丈夫でしょ~
国が堅すぎるんでしょー」

と思うかもしれません。

実は、車にエンジンをかけて、ちゃんと動かすのは
この完成車検査のときぐらいなのです。

そんなわずかな時間にしっかり検査していないと

・ボルトの締め方がちょっと甘かったとか
・塗装がちょっとはがれたとか
・強度が不足していて、脱輪した

という品質問題はすり抜けてしまうのです。

また、検査がちゃんとしていないと

・ライトが正常に動くか?
・ワイパーやエンジンが品質を満たしているか?

は、動作確認していないので

「車を買ってすぐに、品質不良が発生して
クレーム入れたけど、認めてもらえず、お金をとられた」

なんて事態になりかねないのです。

どの自動車会社も、万全の品質体制を
完成検査前に作っているのですが

どうしても不良の車が1000個作っていれば
1日数台は流れてしまいます。

確率で言うと~0.1%位です。

だけど、1000台作ったうちの1台で
品質が悪い車にあたって

「お前の金で、車直せ。」

って言われたら嫌ですよね。

今回の問題を起こしたメーカーは

それを当たり前のようにやっていた

ってことなのです。

他社なら、車検にひっかからずに
部品交換する必要がなかったものが

完成検査の時に、ちゃんとしていなかったために
部品交換する羽目になって、お金とられた!!

って問題が発生しているのです。

いい例なのが、ヘッドランプです。
夜欠かせない道具の一つです。

これが、通常よりも灯りが暗くて
すぐ切れるものをつけられたら
たまったものじゃないですよね

新車なのに突然消えて、事故起こしてしまった!

っていっても、個人のせいになるのです。
それを平然とやっていたのです。

ユーザーに責任をなすりつける
とはどういうことなのか?

これを聞くと
三菱ふそうの脱輪事故
を連想させますよね。

脱輪したトラックのタイヤが
若い母親が子供2人をかばい
あたって死んだ事件です。

事故当初、三菱ふそうは
「俺全く関係ないし。整備不良だし」
ということで、運転手のせいにしました。
国の調査でリコール隠しが判明しても

10年間、裁判で無罪を主張していました。

(東芝に作らせたシステムでリコール情報を選別し
秘匿し、不具合を修正しなかった結果、起きた事件だったのです。)

この問題で、当時の株主から
「お前のとこと付き合えないわ」
と見放され

運転手の会社はつぶれたにもかかわらず
何にも保証しない三菱ふそうをみて

「もう、お前の会社の車買わないわ」

トラックとバス業界から
も見放された
事件です。

しかも、2002年の事件だったにもかかわらず
当時の経営者は懲りずに上告を繰り返し、

2012年に禁固1年半という
「10年も裁判したのに
こんな甘い判決、許されるわけねーだろ」

ってことが起きているのです。
しかも、脱輪した車のユーザーも

経営者側から訴えられて10年も
経ってやっと無実が認められた


のです。

・法律を守って、歩道を歩いていた母親が死ぬ
・法律を守って、整備していた車のユーザー
10年間も誹謗中傷に苦しむ
会社は倒産し
日々の糧に苦しむ毎日

なのに

・国から厳守するように言われている法律を
平然と犯して犯罪をしているのに、10年間
も裁判を延長し、
ユーザーや技術者が悪い
と言い続ける元経営者

がいるのです。

10年もたち、遺族は月命日に欠かさず
通っているそうです。その墓標には

「誰より何より大切な人…。
ありがとう、おつかれさま。
ずっとずっと大好きでいようね」

と刻まれているそうです。

元経営者の対応、さすがに
ひど過ぎませんか?

車が横切るだけで
部品が外れて死ぬ可能性があるって
怖くないですか?

車に乗って買って、ちゃんと車検受けていたのに
メーカーから「整備していない」って
言われて、訴えられるんですよ

そんな会社の車
絶対乗りたくないもないし
関わりたくないですよねー。

じゃあ、完成検査の件は

「現場が勝手にやったことでしょ?
経営者関係ないでしょ??」

と言われれば
そういうことではなかったんですねー。

上司に「お前ら要らない」
と言われ続ける環境

工場って、コストに厳しいです。毎月毎月工場長から

工場長「どうしてこんなに不良多いんだ」
課長「天候不順で雨で湿度がとしていなくて・・・」
工場長「ちゃんと管理しろよ。」

工場長「どうしてこんなに稼働率低いんだ」
課長「保全に部品がなくて、交換時間がかかって・・・」
工場長「は?もっと生産性あげてカバーしろよ」

て言うくせに

課長「建屋がぼろすぎて、設備に水や冷たい風
かかって影響が・・・部品置くスペースもなく・・・」


工場長「いやーでも、この設備申請や建屋修繕
高すぎて上に通せないよ。

何とかしてよ。監査も近いんだしさ」

って理不尽で実現不可能に近い
非常に厳しいコメントが出ます。

1500円分のビニールテープ1箱買う時にも
3社以上見積を取って
工場長まで判子をおしてもらわない

といけないんです。
メール1通送るだけですが、承認してもらうために
エクセルでシート作って

理由を書いて、判子もらうために
1キロ以上も離れた班長→組長→課長
と工場を歩き回らないといけない・・

「こんなの俺の人件費のほうが
かかっているでしょ?」

ってレベルです。

価格比較サイトとか見れば、わかりますが、見積なんて
システムをちゃんと作れば、自動化もできるし
きまった作業だし、とっても楽なんです。

承認、回覧だって、現場にパソコンが
ちゃんとあって、システムが整備されていれば
僕が回る必要一切ないんです。

それと同じようなことが完成検査でも起きてました。
完成検査は、国からの代行業務なので
やることはほとんど決まっている

んです。なので、自動化やシステム化すれば
ものすごく楽に正確にできるのですが

「システム作るとおカネかかるし
検査にお金かけれない」

ということで、導入されず
紙で書かれていました。

各自動車会社「日産、スバル、スズキ・・・」
の不正報告書を読んでみたのですが
どこの自動車会社も改ざんなどの現象が起きていて

「あぁ、やっぱり、
どこの自動車会社も同じなんだなぁ」

と痛感させられました。
スズキに至っては

「検査は無駄。お前らいらない」

位のことを会長から役員まで言っていた
って書いてありました。

これはさすがにひどい・・・。

(トヨタやホンダ、ダイハツ
マツダも出てきてもおかしくないような
気がしていますが・・・。)

完成検査の現場は
コナンの事件現場

で、完成車メーカーの現場では
例の不正事件が起こった後
現場はものすごーく緊迫していました

いずれ来る国交省へのPRのためか
完成検査の現場には

四方八方に監視カメラ

が増設されていました。
そこには、明らかに衣装が違う黒い男たちがいて
完成検査の現場を監視していました。


*黒さは誇張表現です。実際は、サッカーのゼッケンみたいな感じです。

黒ずくめで、身長が高いロンゲを「ジン」
身長が低い眼鏡をかけた男を「ウオッカ」

と呼ぶことにします。

で、モニタの計測値をいっつも監視している
パイプいすに座っている人がいて

時たま寝ているおっちゃんは
「小五郎」と名付けました。


*実際は、前のめりではなく、後ろで爆睡みたいな感じです。

完成検査の車両は、測定項目が違う様で
検査員自体は忙しいのですが
レーンによって差があるのです。

レーン毎にいる小五郎は、ぶっちゃけ経験が
浅いおっさんで、チェックシートを確認する仕事でした。

完成検査員が書いた書類のダブルチェック役です。

それに対し、ジンの仕事は、完成検査員に

「おい、✓甘いだろ」

脅す突っ込むのが仕事でした。


*実際は、目を見開いているというより、にらみつけている感じです。

車が来るたびに、検査員に近づき

「ここは、ブレーキNGだろ(怒)」
「時速5キロ超えてるだろ(怒)」
「ハンドブレーキかけただろ。違反だ」

窓を覗き込んで突っ込んできます。

「すみません。もう二度としません」

と検査をやり直す人も。
ジンがいなかったら
完成検査成立してないのです。

すでに黒の組織の手中です(笑)

僕「いやいや(困惑
一人でちゃんとやってくれよ」

ウオッカは新人なのでしょうか?
ジンの周りをうろちょろし、チェックシート
や本を代わりに持ったりしていました。


*実際は、もっと細くにらみつけている感じです。

時たま、ジンににらみつけられ
怒られたり、指導されています。

そんな時もモニターを見て
チェックシートを確認するだけの小五郎は
ジンが切れている間、歌っている様にも見えました。

4人も登場人物がいて
人材豊富なのに、忙しいのは

ラインを常に往復している完成検査員
突っ込むジン

だけ忙しのです。
それに対して

ウオッカ「・・( ^ω^)・・・」
チェックが終わった小五郎「・・・zzz」

ほとんど何も仕事していません。
それどころか・・

同期「あの小五郎、ライン内で寝てる(笑)
ラインで寝てるやつ、はじめてみたかも」

僕「マジかよ・・。おいおい
暇なら、
完成検査員やってやれよ・・」

とリアルに思いました。

完成検査員1人に対して、最低でも3人
もチェック担当がいるのです。

工程は1つだけではなく、3つくらいあるようにみえるので
ジンとウオッカ、小五郎が3×3で9人もいるのです。

ラインを縦横無尽に完成検査員
その3倍も多い監視員・・

見張りが多いだけの状態なのです。

しかも、黒ずくめだけではありませんでした。

検査の裏側には、休憩所があり

剝げた白髪の太ったおっさんが
横のベンチでモニターと時計
を見ていました。

アガサと勝手に名づけました。

アガサは時計を見つつ、顎に手を持ちながら
うんうんベンチでうなりながら
完成検査員が映ったモニターをずっと見ていました。
そして、口に手を当てて・・・

「・・・・ウッ・・」
とうなりました

僕は事件の予感か!
と思いました。

しかし
・・・待ってみましたが
特に何もしませんでした。

仕事終わったのでしばらく
見てました。すると

「・あっぁぁぁあぁ・・
やっちゃった♪・


・・・現場で何をやったんだよ!
同期「あの人リアクション派手(笑)

僕「ただのTV視聴者じゃねぇか!!」

犯人がいるのは確定みたいでした(笑)
アガサの横にいる超小柄な女性は
何やらメモしていました。

灰原に似てないことを残念がる僕

しかも、その横には

管理職集団が10人位で、じっと
完成検査員を物珍しそうに
ずっーと見ていた
のです。

管理職「へぇー、あーやるんだね」
管理職「初めて見たー」
管理職「設備でかいね」
管理職「あの白い細長い塔みたいなの何?」

僕「ただの観光ツアーじゃねぇか・・・」
同期「観光ツアーって(笑)」

そして、現場の検査員は
疲弊していた

昼休みのチャイムが鳴り、

仕事が残っている完成検査員
以外は食堂にとぼとぼと歩いていきました。

遅れてきた完成検査員達が
僕の隣で愚痴り始めた。

検査員A「マジでしんどいんだけど・・・・」
検査員B「監視人増えるだけで、肝心の検査員が増えねー」
検査員C「最近、マジで人増えたよね」

A「あの新製品さー、あそこの動作チェック
時間内に終えるの出来なくて困るんだけど・・・・」


B「**班長さー、部品検査のやつらと言い争って
スペースないところに車置くのマジ困るんだけど・・・・」


C「あいつまた、変な言いがかりつけたのかよ。

手感なんだから、外れなきゃどんどん流せよ・・・・」

A「窓ガラス不良大すぎ。ライン止まっちまったよ。」
B「こっちも同じく。部品検査仕事しろよ」
C「オイ、午後雨降るって。キュッキュ言ってうるせーんだよなぁ。」

と愚痴りながら、通り過ぎていきました。

完成検査員が増えるのではなく
どうして監視員だけ増えるのか?

そこの休憩所には、こんなポスターが貼ってありました。
工場長が社長に説明する為のA3資料でした。

なんと、このムダに多い監視員は、工場長が

社長にPRするためだけのパフォーマンス

だったのです。

普通だったら、完成検査員を増やせばいいだけなのです。
だけど、検査員増やしちゃうと、工場の正社員も増やしてしまう。

だから、臨時で雇える見張り役と定年過ぎそうなおっさんに
監視させているのです。

問題解決の本質を突かない闇の現場・・・

これは、結局、以前の
労災があった職場と同じ現象でした。

A「上はお金をかけてまで、人を増やそうとしない」

B「上は自分は精いっぱいやっているから
俺の責任じゃないとか言い張る」


C「俺たちが打ち上げても、問題を解決してくれない」

そんな空気が漂っていました。
しかも、大量の見張り達に監視される日々

強くそう思いました。

人が増えずに辞めていく
悪循環が発生。

そんなある日

「来月より別の会社で

別の仕事をすることになりました」

と朝礼で挨拶しているのを見かけました。

独身男性で転職できる若い人はどんどん転職。
この班に20代はいませんでした。

たった3か月しか現場を見ていませんでしたが
若い検査員が猛烈に減っている印象でした。


A「・・・・今月で何人目だっけ?」


B「・・・・3人じゃね??」


C「・・・・製造ラインと違って、
すぐ補充来ねえからまじで困るんだけど」

こんな感じで、今日も自動車会社の
工場では、若い人はどんどん減っていき
どんどん転職しています。

班長D「・・人少なすぎて、今月有休取れねぇ。」

班長E「来週は量産前のチェックあるから
より休めねぇんだけど・・。」

有休消化率向上!
と貼っていてもそもそも有休を取るほど
人員に余裕がない・・。

こんな張り紙だけ立派な組織にいても
いつか絶対腐ってしまいます。

だからと言って、転職しても
同じような組織の可能性があります。

というか仕事内容はほとんど変わりません。
自動車業界は特にそうです。
結局、入社してみないと
人間関係とかもわかりませんし。

配属先次第で業務を変わっちゃいます。
その点、ネットビジネスをやっている
僕はものすごく楽に稼いでいます。

今は、完成検査やらなくてよかった
なーと心から思っています。

そして、経営者になれて
よかったなーと思っています。

*この著者について*

ジョーカー(JOKER)

いったいどんな人物なのか?
こちらのプロフィールを見てください

それを知りたい人は
メルマガで定期的に情報発信
しているので登録お願いします。

これより深~い現場の話、コナンな話
や経営者の話もいっぱい書いています。

追伸
この記事、結構見られているようで

例の不正があったメーカーの人たち含め
多くの製造業の人たちに
バカ受けしています。

各社の報告書にも
詳細は書いてあるのですが
それと同じような状況みたいです。

眠たい目をこすりながら
書いた買いがあってよかったです。

【無料メルマガ講座】
パワハラ上司★脱出ストーリー

パワハラで適応障害になり
会社を辞め、
ネットで稼ぐために
私が実践した方法を
無料メルマガにて紹介します