こんにちは、JOKERです。この記事は

・不況でなんとか入った自動車メーカー
に就職し、異動先の上司のパワハラが原因で
適応障害になってしまったこと

・体を壊して働かされる将来が不安になり
「このまま会社にいたらだめ。」と恐怖と焦りを感じ
会社を脱出しようと決意。

・稼ぎまくる起業家をネットで見つけ
ビジネスを始めてたった1か月半で
0状態を脱出し1年で奨学金200万まで返してしまった

という僕の話です

ここで僕の自己紹介とこのブログの目的も含めて話していこうと思います。
5分ちょっとで読める内容なので会社の仕事がつまらなくて、やりたくない。

かと言って、他にやりたい仕事もない。
「自分の人生はこんなもんなの?」とモヤモヤしている人

夢もないし、好きなこともない。人に自慢できるような特技や趣味もない。

「人生つまらない」と退屈している人

30超えたら、いい仕事が出来ると思ったが

普通につまらないし、上司がやっている仕事

とか見てても将来つまらないが確定している人

あと30年以上も会社で過ごすのイヤという人

などなど将来の漠然とした

不安と行き詰まりを感じている人

には確実に良い刺激となる内容

となっています。

 過去と現在

では、本題に入る前に箇条書きで簡単に現在と過去について、紹介します。

・現在は32歳で、インターネットを使って商品を販売している
・精神状態に左右されず今までの10分の1
以下の仕事量で完結している
・仕組み化しているので自動で収益が上がるシステムを構築。
・全く知らなかったビジネスを初めてたった1ヶ月半で収入0から脱出。
・新たに情報発信のビジネスを始める
・毎日が、好きな仕事ができて、楽しくて楽しくて仕方ない。

今はこんな感じですね。
これだと、とんでもない奴だ…
と思われてしまうかもしれませんが

昔は精神病んでいたダメ人間でした↓
・31歳独身キモオタでチビデブメガネの男。
・東海地方の田舎町出身。

最寄り駅まで徒歩2時間かかる。

・家が貧乏で、トイレが水栓じゃない。

・貧乏なのに、私立大学に入学し、大学院まで進学。
600万円の奨学金を背負って学費は自分で負担。

夜勤バイトで飢えをしのぐ、極貧大学生時代を送る。

・パワハラ上司のせいで、毎日、通勤に往復3時間かけ、朝6時から夜12時まで働き、精神を病み、胃腸炎と適応障害に。

・6か月の間、エクセルに○×をつけるだけの単純作業をやらされる。

・会社が過労やパワハラを認めないばかりか墓場部署に異動させられて人生終了

していました。そんな僕の過去の詳細は

JOKERレポート (3)

で紹介しています。

うつ症状や適応障害で自分を失いつつある状態で会社員をしていたら

ものすごく稼いでいる起業家と出会い人生を変えることができたのです。

自分を見失いかけていた時は

・精神的に狂って精神薬を過剰摂取し夜に暴飲暴食をする毎日。

・枕を引きちぎり、羽毛を散乱させこぶしが血だらけになるまで殴りまくる

という感じで、精神も壊れるし、絵に描いたように超悲惨な人間でしたが
おかげで今は、劇的に改善し、上に書いたような
自由で
楽しくて毎日自分が成長できる
超刺激的な生活を送っています。

自分が心から楽しいと思える仕事をしたい、
人に喜んでもらえるような仕事をしたい。
今でこそ、自分も楽しみつつ
人に喜んでもらってお金を稼いでいますが

自分でビジネスをやるという選択肢に至るまでは非常に長く
険しい、そして苦しい遠回りをしてきました。
ビジネスに出会う前までの僕は本当に悲惨でした。
上司のパワハラにあい毎日、ストレスを抱え込みながら仕事をしていました。

そんな人生どん底のところで
パワハラにあった後の頃から始まりです。

パワハラにあったとき

エンジンを1人で運び
朝6時から夜10時まで働かされて
それ以外に往復3時間の高速通勤。

飲み会を断らないように
毎回幹事をやらされ
毎日メールボックスに仕事を無理やり入れられ

仕事仲間には嘘をついて孤立させられる
上司のパワハラに3か月間あい続け
僕はメンタルを病んでしまいまい
とにかく仕事のことを考えると吐き気が止まらず夜も眠れない状態でした。

そのあと、異動を繰り返し1年は単純で誰でもできる
つまらない仕事の連続だった。

病気のためにエクセルと文字入力の仕事をして半年
気付けば、8年目に突入していた。

仕事のやる気を全て失っていて
金を稼ぐために仕方なく仕事をしている状態だった。

このままつまらないゴミのような単純な仕事を
残り30年以上やらされることが何より苦痛だった。

また、異動が多く上司が変わるたびに
パワハラを受けるのではないかと怯えていた。

課長以上は信用できなかった。

・胃薬を1日4回以上のみつつ
牛乳2リットルを飲み干し
ご飯5杯を毎日食べるような

暴飲暴食で体重は1年で10キロ増え
尿酸値は増える一方

パワハラ上司を思い出すたび
ムカついて家にある枕をぶん殴ってうっぷんを晴らす・・生活をしていた。

こんな会社で仕事したくない。

「・・・・転職で脱出するしかない」

こうして転職活動を始めた。

しかし、3か月やってみて
分かったことがあった。

確かに、転職すれば環境は変わる

だろう。

だけど、その会社が良いか見極めないといけないし
転職先ばかりがいいとは限らない。
事前にもらう情報は怪しいものも多い。

時間もお金も取られて
パワハラをする会社かどうか

分からないし、パワハラから
離れる目的での転職は
かなりリスクが高い。

しかも、自動車会社は不正の嵐だった。
燃費を偽装したり国の検査すらちゃんとやってなかった

その会社の人事担当者と話すだけで
「この会社も不正やっているな」
と雰囲気を察してしまった。

僕の場合、転職しても収入が減り、仕事がきつくなる可能性が高かったことだ。
しかも、勤務先は田舎・・上司がパワハラする奴かもしれない

人事も運用されているか怪しい。

デメリットだらけだった。
とりあえず、現状の部署では
パワハラはなかったので

転職活動はあきらめ
別のことをすることにした。

まず、つまらない仕事から何とかして抜け出したい。
転職以外で変わりたい・・・変わらなきゃ
このままだと毎日がつまらない仕事を
30年間も続けることになる。

変わりたいけどどうすればいいんだ
毎日焦りつつも何をしていいかわからず
パワハラ上司のせいで

患った適応障害と鬱症状で腐りきっていた。
そんなとき「転職以外の他の手はないか?」と思うようになった。
ネットでひたすら調べていた僕にとあるブログが目に入る。

「トヨタをやめて起業した男の話」

その人は「トヨタ」を辞めて起業したと書いてあった。
「起業?」ものすごくハードルがすごい高そうだ。
全く考えてなかった。

トヨタと言ったら会社の安定度は日本No.1。どうして起業したのだろう?
とっても優秀な人だったのかな?ブログにはネットビジネスをはじめたそうだ。

「ネットビジネスって何?」

よく分からなかったが会社員時代の話はびっくりするほど自分と共通点が多かった。

・うつ病寸前にまで追い込まれた。
・大学院まで進学した。
・このままじゃダメだと
一念発起で会社やめた

特に、自動車業界あるあるの
・つまらなすぎる会社行事の強制参加
・年収多いのにローンまみれの上司
・鬱で辞める人多数
・ローンのために仕方なく働く

を連想させるような親近感を覚えるような内容が満載だった。
そんな元トヨタの人は今は何をしているのだろうか?

ブログにはこんなことが書いてあった
世界中を旅しながら稼ぐ!!
月収100万円は余裕!!!
ランボルギーニ買えそう!!!!

流石にこれを見たときは
「いやいやいや怪しすぎる明らかにうさんくさい。」
と突っ込みどころ満載だった。

だが自分は既にヤバイ状態だったので
「もうちょっと詳しく知りたい」と思い、捨てアドで
メルマガに登録してみた。

まず、メール講座でわかったのは
当然だが本人はちゃんと生きていること
そして・・ 嘘はついていなかったことだった。

 その後は、同じような境遇を持つ人
として純粋に興味があったので
毎日チェックするようになっていった。

知らない間に、僕はその男になおさら興味をもった。
そして運よく、直接チャットをするチャンスが舞い込んできた。
顔写真はあったが、本人か怪しかったので

怪しい、危ないランボルギーニ
乗り回して、車の窓ガラス素手で割っている覆面youtuberの
ラファエルみたいな人と勝手に思っていた。

「話してみれば少しは素性がわかるかも」

そう思っていた。チャット当日・・・
ついに起業家と話すときが来た。
起業家は超親切だった。

「やろうと思えば誰にだってできる。
ネットビジネスなんて怪しいと思うかもしれないけど
俺はビジネスを通じてめちゃくちゃお客さんに感謝されるし。

自分も稼げるし、Win-Win なんだよね 。
しかもノーリスクで始められるから
正直、やったもん勝ちのゲームだよ。」

ざっくりまとめるとこんな感じで教えてくれた。

確かにネットビジネスはうさん臭いものだった。
秒速で億稼ぐ男はドバイへ行き仮想通貨をはじめ
ツイッターBOTを作った男は仮想通貨コミュニティをはじめ
高知系ブロガーも仮想通貨をはじめ・・

といった状況だったのでネットビジネスは
稼げないので仮想通貨にシフトしているのでは?
とか思っていた。

だけど、この起業家は素直にビジネスをやっていた。

さらに言うとFXや仮想通貨プログラミングスクールに
勧誘するような甘い言葉をかける人ではなく

「いやー正しい方法で頑張らないとすぐはムリっすよ」
「起業は正しい方法でやらないとダメっす」

とすぐに独立を推奨する人とも一味違った。

そして、何より・・・【超楽しそう】だった。
僕はつまらない人生を充実させるには
仕事を変えるか辞めるかしかないと思っていた。

だけど、どうすればいいかマジでわからなかった。
資産を増やしてリタイアを早めればいいと思っていた

だけど、給料は良くないので借金生活のまんまだった。
そこで起業家はアドバイスしてくれた。

「転職もいいかもしれないけどお金持ちを目指すのなら

まずは社長としてビジネスをやって、ビジネスオーナー
になって、資産家になるのがオススメですよ。」

確かに、僕はいきなりハードルをあげて資産家を目指していた。
だからいつまでもサラリーマンのままだったのだ。

他に良い方法が思いつかなかったので
「このまま会社員続けてもメンタル持たなそうだしな。
よし、ビジネスやってみるか!」

と僕のネットビジネス生活は始まった。

精神も荒みきっていたのでお金を稼ぐことしか救いがない
と思い【200万円】を起業家にポーンと払うと約束した。
借金800万の状態だったがマジでどうでもよかった。

今、考えるともう少し冷静に考えたほうが
良かったかもしれないが、とりあえず会社員から離れたかった。

その一心だった。

コツコツネットビジネスをやった結果・・

ネットビジネスをはじめてからある日のこと
社内メールに貼ってあった昇進のお知らせのリンクを見るとなんと
パワハラ係長がなんと課長になっていた。

この時、僕は自分の会社が不正を犯し続ける仕組みを実感してしまった。
パワハラ違法行為をしてでも成果を出す人間を課長、部長にし、問題があったら全てを部下のせいにする

これが会社の不正が蔓延している一因だったのだ。
若手エリートは、ツテを作って独立。パワハラばかりする上司は出世。
どこにも行き場のない社員だけ残り不正を訴える手段すらない

訴えても「そんな事実はありません」と上司側の擁護しかしない・・
自分の都合のいいことばかり言う人間が出世する現実を知って僕は会社の仕事がゴミに感じた。
こんな倫理観の欠けた人間を上司にする会社に居ても時間の無駄だ・・・。

パワハラばかりする犯罪者を擁護する無法地帯だといつ殺されてもおかしくない
それくらい恐怖を覚えるようになった。・・・・早く脱出したい

起業家から教わりながら仕事が終わった後、工場実習の後の
体がきつい時でさえ異動後の忙しい時にコツコツやっていった。

そして、1か月半後・・・

7623円・・・
とてもショボい金額だったがネットビジネスで稼げることを知った。
超うれしかった。

「自分の生き方を変える最後のチャンスがここにあるんだ!」と感動した。あまりに叫びすぎて、隣人から苦情も
出たのは内緒の話(笑)。

その後も、会社終わった後にPC開いて
起業家から教えてもらいインスタやTwitterやって
遊びで使っていた時間がお金になった。
超快感だった。僕は乙種危険物取扱者という資格を4種類
持っているが、3ヶ月かかって、1円も増えなかった。

正しくやれば、時間がかからず稼げるのだ。

ネットビジネスは過去のツテとか
プログラミングとか特殊な知識が必要だと思っていたが実は全く違った。

誰でもやり方さえわかればできるものだったのだ。
多くの人が正しいやり方を知らず去っていくビジネスだったのだ。

なので起業家の言うように会社が終わった後の作業
時間だけで起業できてしまった。

スタバでもできたしスマホでも更新できた。

その起業家は海外旅行しながらPC1台でやったので間違いないだろう。

場所も時間も選ばないので出張先のホテルや新幹線の中でもできた。
昼は会社で仕事をしつつ夜は起業の準備・・

ネットビジネスってマジでいいよ

ビジネスを始めて変わったこと。
まず、お金を稼げなかったのは
何より過去の自分が、受け身だったから。

「真面目に与えられた仕事をやっていれば
何とかなる」
そう思っていた。
だけど、実際は
クソな仕事で上司はパワハラして自分のミスを認めず
僕はメンタルを病んで上司は出世した。

不正だらけで国から怒られるようなことをした経営陣から貰った仕事など
ごみのような仕事だったのだ。ネットビジネスはとても、価値のある仕事だ。
まず、ツールを使いこなせば

一人ひとりのニーズにあった
サービスを提供できるし、沢山の人に喜ばれる。

知り合いとメールするのもラインするのも楽しいけど
普段、全く考え方や認識が違う人とメールできる

のはもっと楽しい。
そして、楽しいのにいつでもどこでもネットに
つながれば、仕事ができることだ。

昔だったら、同じ場所で同じ仕事
を通勤2時間なんてこともザラだった。
でも、ネットビジネスはそもそも通勤なんて概念もないし
スタバでどやることも可能だ。スタバ限定のフラペチーノを
飲みながら、勉強のふりをしてネットビジネスをやることもできる。

もし、会社勤めだったら服装を選んで、ダサい制服を
着ないとできないかもしれない。あと、お金の自由も大きい。

今までは時間で働いていたので
お金=時間だった。今日、1時間働けば
1200円もらえる。そんな考えだった。

3時間で元が取れる
薬局の薬剤師がうらやましかった。
経営者はどうだろう。

借金800万をいともかんたんに消した。
薬剤師でも中々困難だ。
しかも、薬剤師よりも自由。

風邪をひいている人間と対面して、お金を取らなくてもいい。
感染症のリスクもネットビジネスにはない。薬剤師や医者は
給料は高いと思うが

感染症などの病
医療ミス・薬剤投与ミスといった
重大問題は人の生死を左右してしまう。

対して、ネットビジネスは人に価値は与えることができるし
感染症とかのリスクは0だし、人の時間は拘束しないし
やりたいときにいつでもやれるメンタル病んでいるときもできる

これって、実は最強のビジネスなんじゃないだろうか?
少なくとも僕は、ネットビジネスよりも最高のビジネスを知らない。

会社員の頃の僕は、自分の仕事が選べなかったし、スキルアップを感じること
も出来ないし、一日中PC作業でも通勤2時間×2をしないといけなかったし
好きな車メーカーで通勤も出来なかった。

無能の代名詞のような経営者のために
仕事をして、経営者が無能にもかかわらず
給料は、勝手に減らされるし

労働組合は意味不明な休日設定をして
祝日を休めない状況にしてくる。

ネットビジネスはそんなしがらみが
全然ないし、僕のわがままを素直に受け入れてくれる。

「どんどん情報発信したい!」
「みんなに自分の体験伝えたい!」
「面白い写真貼りたい!」

グロテスクなことや犯罪以外だったら全然できてしまう。
お客さんのニーズに合った情報を提供できる。
同期との出世競争とかそんな意味不明な
しがらみも関係ないし、スキルアップも進んで自分からできる。

昔の仕事は、上司が糞だったのでスキルアップが全然できなかった。
チャンスも与えられないし、成長もできなかった。
ネットビジネスは、すべて自分のペースだから
自分のやりたいように、好きなペースで出来る。

これはマジで神だったりする。

「いいなぁ。○○課の人間は早く出世できて」
「老人が多くて、裁量の低い仕事しか振られないし自己成長できない」

そんな悩みはネットビジネスには一切ない。
超便利だし、理不尽で解決不可能な
悩みに悩まなくてもいい。

素直に自分の情報発信能力をあげていくだけでいいのだ。
お金と時間と精神と身体の自由ネットビジネスはツールをうまく
使うことで、すべてを手に入れることが可能です。

しかも、特定の人間はできないとかそういったものがありません。
「クレジットカード作れない」って人もデビットカードあれば大丈夫だし
「ネットのツール上手く使いこなせない」って人もスグにスキルアップできます。

結構色々やる必要はありますが
「○○課だったら出世スピード3年早かったのに」
とか所属先が違うという人事的な理由で給料の格差が出ることがない。

人事部や経営陣の怠慢で悩む毎日から解放された僕は、幸せです。
ほとんどの人が経営陣の怠慢で理不尽な給料になっている。

ネットビジネスは検察につかまるような経営陣や
家族経営で血族最優先の経営陣だけが得をして
奴隷のように働かされる
仕組みではありません。

自分が給料減ったり出世の道が遠のいたり
自分が異動させられたり
仕事の繁忙期に休めなかったりすることは全然ありません。

確かにビックなお金をかけて、最先端の研究設備で研究とか
そういったものはできませんが、その研究だって出世競争の末

何とか一握りの人が出来ているのであって、
僕のような
やりたいことできなかった敗者には関係のない話です。

僕はお金持ちのボンボンにも、社長の息子にも
親会社から派遣されてきた有利な立場ではないからです。

逆に、お金持ちの社長の息子、親会社からの派遣で悪いことばかりしていると

国交省から完成検査がダメと怒られたり、世間から節税野郎とののしられたり
東京地検に捕まっても、その経営者の責任なのに

「完成検査は俺のせいじゃない」
「悪いのは従業員」
「だから給料減らすわ」
と結局従業員が被害を被ってしまうのです。

何故、経営者は有利なのか?問題があったら
部下のせいにしておけばごまかせるからです。

「俺が書いた書類じゃない」
「俺が命令したわけじゃない」
「部下が勝手にやった」

そんな自分の立場だけで人生楽をしようとする人
が大企業にはゴロゴロいるのです。

ネットビジネスは
身近の誰かが不幸になるとか蹴落とすとかそういったことは起こりません。

僕から見たら、ネットビジネスをちゃんとしっかりやっている人の
ほうが、比較にしちゃ失礼な位魅力的だし実際、めちゃめちゃ楽しいです。

何より僕としては、パワハラがなくなったのが最高です。
日本はパワハラ訴訟しても訴えたほうのせいにされるとかありますし。

実際、パワハラされたら、泣き寝入りしかないのです。
ネットビジネスはその点お客さんの満足だけに追及できるのです。

こんなに楽しいビジネス他にはありません。
いつでもはじめれていつでも休憩できて
パワハラや経営陣の理不尽な要求もなく
自分のペースで仕事ができるのです。

今目指している夢

自分でビジネスをやって、田舎でも不労月収1000万円を達成すること。

人に怒られながらやる仕事じゃなくて人に喜ばれる
自分がやりたいと思う仕事をやることです。

僕は不幸にもメンタル病んでからネットビジネスをはじめましたが
メンタル病む前から本気で今のうちに取り組みたいという
方がいらっしゃいましたら、メルマガ登録をぜひしてみてください。

 

【無料メルマガ講座】
パワハラ上司★脱出ストーリー

パワハラで適応障害になり
会社を辞め、
ネットで稼ぐために
私が実践した方法を
無料メルマガにて紹介します