【衝撃】ガンの父「病院行って、○○を正しく測らないとガンになるで」

わたし(30)
わたし(30)
この話は、4年前の夏に私(28)がガン手術後の父(60)の病室で言われた衝撃的な内容を文字に起こしたものです。

衝撃的な内容は
「ガンは、○○と関係していて、簡単に測れない」
という話です。

わたし(30)
わたし(30)
50代後半までたばこ吸っていたし、心配性だし、日ごろの習慣が原因だったんじゃない?

と父親のガンを他人事のようにとらえてました。

でも、実は・・・

日本では2人に1人が、がんと診断され、年間37万人が死亡発見が遅れると当然、死が待っている恐ろしい病気。
あなた、ガンかもしれませんよ
Dr
Dr


と、衝撃発言をするドクター。

がんの人が、内臓の体温が低いこと」は共通の認識
体温が低下→臓器の機能低下免疫機能が低下と連鎖しているからです

「ガン家系、冷え性、皮膚のシミが増えた、ハリがない、寝起きが悪い、便秘、不眠症、脂肪が多い、ストレスで悩んでいる方は、内臓が冷えている可能性大です。」
Dr
Dr


だれでもガンになる可能性がある・・・本当に恐ろしい病気です。

「このままだと、ガンになる」恐怖と戦った私

手術後の父は見るも無残な姿。

85キロあった体重が60キロになっちゃったよ(笑)
父(60)
父(60)

 
わたし(30)
わたし(30)
・・・・・笑えない。。父と同じ運命を辿りたくない

父はへらへらしていましたが、頬がやせ細っていたので、恐怖でした。


そこで、医者に言われた通り、3年もの間、週3回ジムに通い続け
ました。
しかし、全くと言っていいほど効果がなく、ジムにかかった金額、月7000円。
最低でも1年契約なので、最低84000円/年
も無駄にしてしまいました。


ジムに通っていた時は、
成果が出ませんでしたし、時間も無駄にしました。

わたし(30)
わたし(30)
毎日忙しくてできないし、時間を増やせない

と低体温症のことを考えると嫌になり、自分の体質を恨んで、精神科にもいったりしました。そんな中、ガリガリの父が「あるもの」を勧めてくれました。

わたし(30)
わたし(30)
「そんなの、ドラックストアやAma●●nでたくさん売ってるじゃん」


見せてくれたのは、どこにでも販売している「高麗人参」だったので、呆れてしまいました。ここで、父の講義が始まりました。

確かに、高麗人参自体はどこでも売っているんだけど・・・
父(60)
父(60)

 

父の話を簡単にまとめると、こんな感じ。

1.カプセルは吸収率が良くない
2.薬局に販売しているものは、時間が経っているため、苦みが増して、飲みづらい。
3.6年根だからよいというわけではない。
4.韓国産が成分豊富。
父(60)
父(60)

わたし(30)
わたし(30)
高麗人参1つでこんなに違いがあったとは・・・

全く知らなかったのは私のほうでした。

がん患者が漢方にこだわる理由

近年では、抗がん剤や手術と並行して、東洋医学の代表格である漢方を併用する病院も増えてきました。 十分な運動することもできず、薬や食事でしか対策ができないガン患者。
暖める『陽性』の食べ物と冷やす『陰性』の食べ物のバランスが基本ですが、陽性のものばかり食べると、栄養が偏ってしまいます。そこで、脂肪の消化を助け、血流をよくし、毛細血管の量を減らさず、内臓を活発化させます
Dr
Dr

 内臓の温度は、測ってもらうしかないので、予防策を見つけたほうが重要なのです。
毎日、体の深部を刺激するような2時間の運動がベストですが、出来る人はほとんどいません。なので、漢方を使います。『気』の量を増す薬の代表は、『人参(ニンジン)』と呼ばれるものです。苦みが非常に強く、食卓に出る『西洋ニンジン』とは全く違うものです。生のブロッコリーのようなとても気軽に食べれるものではないので、相当な覚悟が必要です。
Dr
Dr

 

そんなニンジン私が体験をしたそのあと・・・・・。

気になった私は父に勧められたメーカーのものを購入。

え?通販売ってるの??韓国から買ってもらったけど、送料込み1万5000円するよ
父(60)
父(60)

どうやら韓国の友人のもの、結構なお値段みたい。

高麗人参ってすごい高い。
6年根でちゃんとしたものだと1万は軽く超える。
だから、8980円→2980円で3か月分は初回限定とはいえ、相当お得。

見た目は、茶色の漢方を固めたような感じのもの。


すごく苦いと聞いていたので、

粉末を固めたタイプがいいよ。エキスだと苦み感じるし。飲むの楽でしょ?
父(60)
父(60)

 
わたし(30)
わたし(30)
固めてすぐに飲めば、にがみを感じる前に飲めるね

飲む前まで、体が冷え切っていたり、不健康だったのですが
飲んで1時間後ほどすると、体が軽くなってきました。

わたし(30)
わたし(30)
血行が良くなった、体が軽くなったような感じ。体が軽くなったような感覚のまま、寝れたし

長年苦しんでいた冷えや倦怠感を気にしなくなり
体が軽いまま、寝ることが出来ました。

がん予備軍と言われてから3か月後。。。
経過観察は必要ですが、いい感じですよ。
Dr
Dr

欠かさずずっと飲んでいたので、超うれしかった。
忘れたら、意味ありませんし。
そんな私が飲んだ高麗人参はこちらの高麗人参になります。

画像タイトルや代替えテキスト

※リンク先が表示されない場合は、販売が終了しています。

漢方の主成分:ニンジン」は「6年根」よりも飲み方が大事。

実は、3年前に試して飲んだのですが、苦くてまずく、効果もなかったので

わたし(30)
わたし(30)
「ニンジンの宣伝?韓国人の友人に騙されてるんじゃない??」
「3000円もしたのを5か月飲んだのに効果なかったし・・・」
「本当は他の成分がいっぱい入ってごまかしているんでしょ?」


最初は【超】疑心暗鬼でした。
そこで、「衝撃の内容」を知ることになったのです。

・カプセルタイプだと、【吸収率が良くない】
・粉末の吸収率は、【メーカーの工程によって】全然変わってくる
・薬局などに置いてあるものは、結構期間が立っているため、【苦みが増して】飲みづらくなる
・6年根だからよいというわけではない。質の悪いものが混じっている可能性がある
・韓国産と日本産では有効成分の量が全く違う。【韓国産】が成分豊富
父(60)
父(60)

「ニンジン」が含まれている商品は、薬局、Ama●●n、ドラッグストアにたくさんあるので良いものを選ぶのが【ものすごく】大変でした。

保険適応されている漢方のニンジンも、そこまで質が良くないのです。

世間一般で有名な「6年根」。年数も重要なのですが・・・

そもそも高麗人参自体に「加工方法の違いによって、全く違う成分になる」ことをご存知でしたか?「水参」「白参」「紅参」の3種類あり、それぞれの成分が全く違うのです。
6年根を使っているといっても、最も質の悪い「水参」や「紅参」よりも質が悪い「白参」の配合が多い場合もあるのです。
つまり、6年根だけでなく、有効成分が最も豊富な
「紅参」100%配合であることが最低条件なのです。

紅参」の中でも、グレードがあることをご存知でしょうか?

質が高いものから順に「天参」、「地参」、「良参」に分かれています。

この中でも「天参」と「地参」が豊富に含まれているものこそ、有効成分が豊富なのです。

産地によって成分が全く違うという特徴があります。

産地別で有効成分を分析した学会の資料によると、韓国産が最も有効成分が多いことがわかりました。
皆さん、高麗人参は韓国だと思って飲んでいますよね?
実は、自生していない日本や中国で生産されたものを混ぜて、調整していることも多いのです。つまり、自生しているものこそ、最も有効成分が豊富なのです。
これは、高麗人参1本のものを育てるのに、21年かかると言われているからです。
6年育てた後、15年も畑を休める必要があるのです。



これらの結果から
紅参100%で出来ている
自生している韓国産100%
畑を15年間休めたもの
・天参、地参100%のもの
・定期的に新品が提供されている
高麗人参が良いことがわかりました。

この事実を知る前まで、「高麗人参の製品はどれも同じ」「6年根ならいい」と思っていました。

しかし、ドラックストアで販売されているような高麗人参は
・高麗人参自体が高いので、元々良質なものは販売していない

・長期間保管されていて、新鮮でない。苦い。
・産地とグレードなどが均一でないし、わからない。

・安い価格帯でないと買ってくれないので、成分や製法が安価
等と良い高麗人参にとって、適した環境ではありませんでした。

そこで私が買った高麗人参は「メーカー直送、送料無料」、初回限定で「2980円」66%OFF。
元々1個のものが3個買え、6か月分もたっぷり使えました。
元の価格が「8640円」もするものなので、5660円も非常にお得になっていました。
ドラッグストアだと、これよりも質が低くて、高いものを少なく買わされてしまうんですね。
人件費や輸送費がかかっていない分、質に力を入れることが出来るんだと思います。

 

画像タイトルや代替えテキスト

※リンク先が表示されない場合は、販売が終了しています。

限定性:

ちなみに、私と同じような人がいないか、探してみたのですが
手術なしで、運よく低体温症に気づいた人もいました。


皮膚のシミが増えた、寝起きが悪い、倦怠感、便秘、不眠症で悩んでいて、タイミング療法やホルモン療法などを続けましたが、どちらもうまくいきませんでした。医者が不思議がり、内臓の体温を測定したら、低体温症だとわかったのです」



あと、商品紹介をよーく見てもらうと分かるのですが、こっそり
通常の体験版が1980円で24粒入っています。

ただ、初回限定版を素直に買うと「120粒」2980円で手に入り、10倍以上も量が違うのです。1粒に直すと24.8円で、体験版と比べて、57.7円もお得で長く飲むことができるのです。通常の体験版が、本来の価格なのでしょう。
ドラッグストアやAma○○mよりも少し安い位の価格なので、1980円/24粒が正規価格なのかもしれません。
いずれにせよ、ニンジンは、高い買い物なので、少し考えてから買ったほうがいいかもしれません。

個人的には、3年分のお金月7000円。年84000円×3=252000円/3年)と時間を節約できた良い買い物だったなと思い、シェアさせていただきたく、今回の記事にさせていただきました。

 

画像タイトルや代替えテキスト

※リンク先が表示されない場合は、販売が終了しています。

まとめ


「ガンは、内臓の体温が大事だけど、市販の体温計では測ることが出来ない事実」について、書かせていただきました。
結局、内部体温を測る方法は、医者に通う位しかないので、血行を良くして、皮膚温度との差を減らしていきましょうという方向です。
高麗人参は、実際の医療の現場でも使われているものですので、斬新なものではありませんが、ガンと付き合っていくにはうまく見極める必要があるということです。
それならば、不純物や色々混ざっているものよりも、産地が明確で良質な高麗人参を選んだほうがいいですよね。最後までご覧いただき、ありがとうございました。(完)

 2019年5月5日投稿

 

画像タイトルや代替えテキスト

※リンク先が表示されない場合は、販売が終了しています。